学生の業績一覧

学生の業績(出版)

業績種別内容
1.論文(査読有)Bondan Widyatmoko. 2018. Questioning Legitimation of Indonesian Sustainable Palm Oil Certification in Independent Smallholders Inside Company Concession Areas. Suvannabhumi 10(1): 117-148.
1.論文(査読有)Chakma Shishir Swapan; Kazuo Ando; Md. Rashedur Rahman. 2010. A comparative Study of Jhum Land Crop Productivity and Farmers Coping Strategies in Jhum Chash System at Khagrachari Hill District of Bangladesh. Journal of Agroforestry and Environment 4: 7-11.
1.論文(査読有)Chihiro Tsuchiya; Kwanjai Amnatsatsue; Chutima Sirikulchayanonta; Patcharaporn Kerdmongkol; Minato Nakazawa. 2017. Lifestyle-Related Factors for Obesity among Community-Dwelling Adults in Bangkok, Thailand. Journal of International Health 32(1): 9-16.
1.論文(査読有)Chihiro Tsuchiya; Samo Tagini; Donald Cafa; Minato Nakazawa. 2017. Socio-environmental and behavioral risk factors associated with obesity in the capital (Honiara), the Solomon Islands; case-control study. Obesity Medicine 7: 34-42.
1.論文(査読有)Dheny Trie Wahyu Sampurno. 2019. Spatiotemporal Analysis in Monitoring Landscape Dynamic Patterns In Tropical Peat Ecosystem (Study in Tebing Tinggi Island, Riau, Indonesia). Journal of Environmental Science and Sustainable Development 2(1).
1.論文(査読有)Ei, Kosaka Yasuyuki; Takeda Shinya. 2017. Underground biomass accumulation of two economically important NTFPs is influenced by ecological settings and swiddeners’ management in the Bago Mountains, Myanmar. Forest Ecoloy and Management 404: 330-337.
1.論文(査読有)Fumiko Morota. 2016. The Practice of Making a Fortune at a Stroke in a Coconuts Cultivating Village of Mindanao: A Tentative Assumption on the Enthusiasm for Yamashita Treasure and Lotto. The 10th Korea-China-Japan Joint Conference on Geography, pp. 30-32.
1.論文(査読有)Go Iwata. 2009. Meninjau Ulang Konsep Siri’ Pada Masyarakat Bugis Dan Makassar: Dari Segi Hubungan Sosial Inklusif. Lenza Budaya (Makassar: Fakultas Ilmu Budaya, Universitas Hasanuddin) 4(3): 1-18.
1.論文(査読有)Hissei Imai; Gaku Yamanaka; Yasuko Ishimoto; Yumi Kimura, Eriko Fukutomi; Wen-ling Chen; Sachi Matsuoka; Mire Tanaka, Ryota Sakamoto; Taizo Wada; Kiyohito Okumiya; Kuniaki Otsuka; Kozo Matsubayashi. 2013. Factor structures of a Japanese version of the Geriatric Depression Scale and its correlation with the quality of life and functional ability. Psychiatry Research 215: 460-465.
1.論文(査読有)Keiko Yoshino; Jibun Nessa; Md. Rashedur Rahman. 2011. Resource Utilization Regarding Acquisition of Food Material in Rural Bangladesh. Journal of Agroforestry and Environment 4: 17-26.
1.論文(査読有)Kritdikorn Wongswangpanich. 2018. In God We Trust: The Security Proposal and The Perpetual Prison of Terror. Journal of European and American Intelligence Studies 1(1): 16.
1.論文(査読有)Md. Rashedur Rahman; Kazuo Ando. 2013. Effect of Shrimp Based Cropping Systems on Salinity and Soil Fertility in a Coastal Area of Bangladesh: A Village Level Study. Journal of Agricultural Science 5(11): 1-10.
1.論文(査読有)Md. Rashedur Rahman; Kazuo Ando; Shinya Takeda. 2013. Cost Analysis of the Shrimp-Based Cropping Systems in Coastal Bangladesh: A Village Level Study. Journal of Tropical Agriculture and Development 57(3): 77-85.
1.論文(査読有)Md. Rashedur Rahman; Kazuo Ando; Shinya Takeda. 2013. Development of Shrimp-Based Cropping Systems in the Coastal Area of Bangladesh:A Village-Level Study in Satkhira District. Journal of Land Use Science (Online published).
1.論文(査読有)Md. Rashedur Rahman; Shinya Takeda; Kazuo Ando. 2012. A Review of Shrimp Based Farming Systems in Bangladesh with Reference to other South and Southeast Asian Countries. Journal of Forest Management 6(11): 201-222.
1.論文(査読有)Miku Takeguchi. 2014. Inclusion or Exclusion?: Future of Migrant Workers and Their Families from CLM Countries in Thailand. International Conference ‘Thai Studies through the East Wind’. Chiang Mai University, Thailand.
1.論文(査読有)Rosita Dewi. 2016. Gaining recognition through participatory mapping? The role of adat land in the imple- mentation of the Merauke Integrated Food and Energy Estate in Papua, Indonesia. ASEAS – Austrian Journal of South-East Asian Studies 9(1): 87-106.
1.論文(査読有)Sachi Matsuoka. 2015. The changing role of a Vaidya (non-codified traditional doctor) in the community health of Kerala, Southern India: comparison of treatment-seeking behaviours between the Vaidya’s patients and community members. Journal of Ethnobiology and Ethnomedicine 11: 57.
1.論文(査読有)Sai A, 2014. People Living in “Ethnic Diversity”: Winners or Losers? Asian and African Area Studies 14 (1): 154-157.
1.論文(査読有)Sai, A.; Othman, M. Y.; Wan Zaini; W. F. Z., Tan; C. S. Y., Norzilan; N. I. M.; Tomojiri, D.; Furusawa, T. 2018. Factors affecting body image perceptions of female college students in urban Malaysia. Obesity Medicine 11: 13-19.
1.論文(査読有)SATO Wakana. 2014. Transference of women and Miao's ethnic costumes between the natal and marital families in Guizhou province, China. Proceeding of JSPS Asian Core Program Final Workshop Asian Connections: Southeast Asian Model for Co-Existence in the 21st Century 2014, pp. 105-112
1.論文(査読有)SHIRAISHI, N. 2014. Reverse of Good Practice in Forest Preservation: Household Economy of Alangan-Mangyan and Community-Based Forest Management Program in the Philippines. Geographical review of Japan series B. 87(1). 2-14. 2014.
1.論文(査読有)Somvixay CHANTHAVONG. 2018. Stock Market Development in Country With Least Development But Fast Economic Growth: A Case Study of Lao PDR. Journal of Modern Accounting and Auditing 14(6): 305-314.
1.論文(査読有)Yujin Kim. 2018. Making 'Creative' Movement: Transformation of Urban Culture and Politics in Bandung, Indonesia. Geographical Review of Japan, Series B 90 (1): 17-25.
1.論文(査読有)Win Maung Aye; Shinya TAKEDA. 2020. Conversion of abandoned paddy fields to productive land through mangrove restoration in Myanmar's Ayeyarwady Delta. Paddy and Water Environment.
1.論文(査読有)外山文子.2014.「タイにおける体制変動―憲法、司法、クーデタに焦点をあてて」『体制転換/非転換の比較政治(日本比較政治学会年報第 16 号) 』:155-178.
1.論文(査読有)井上瞳;松下幸司;Ponthep Meunpon;神崎護.2016.「タイ東北部における農家のユーカリ林経営の継続と撤退の要因―ナコンラーチャシーマー県を事例として」『森林研究』79.
1.論文(査読有)磯田真紀;近藤友大; 鈴木玲治;竹田晋也.2017.「シイタケ原木クヌギ林でのヤマチャの生育状況―宮崎県東臼杵郡椎葉村と諸塚村を例として」『熱帯農業研究』11(Extra issue 1): 81-82.
1.論文(査読有)園中曜子.2009.「イスマイル・アンカラヴィー研究の課題と展望」 『イスラーム世界研究』3 (1): 361-372.
1.論文(査読有)黄潔.2017.「この世とあの世をつなぐもうひとつの橋ートン族の「橋架けav jiuc」習俗をめぐる霊魂観から」『文明21』(愛知大学国際コミュニケーション学部): 67-82.
1.論文(査読有)黄潔.2017.「政策移動に関する村落の風水伝説と実践―近現代中国におけるトン族の事例から」『旅の文化研究 研究報告』27:13-26.
1.論文(査読有)黄潔.2018.「村鎮之間:桂北都柳江流域兩個花炮節傳承的比較研究Between Town and Village: Comparative Studies on Traditions of Two」『百色学院学報JOURNAL OF BAISE UNIVERSITY』31(5): 67-76.
1.論文(査読有)黄潔.2018.「返郷与作功德:桂北侗族老人当下的公益実践Return to Hometown and Accumulate Merit: Public Welfare Practice of the Elder in Dong Village in Northern Guangxi」『尋根Root Exploration』6: 92-101.
1.論文(査読有)金悠進.2017.「「創造都市」の創造―バンドンにおける若者の文化実践とアウトサイダーの台頭」『東南アジア研究』55(1): 71-102.
1.論文(査読有)金悠進.2019.「「連帯」の光と影―第三世界都市バンドンにおける植民地主義とその脱却」『年報カルチュラル・スタディーズ』7: 47-71.
1.論文(査読有)下條尚志. 2011.「ベトナム・サイゴン政権の中部高原統治―先住山地民の土地所有権に対する政策を中心に」『アジア経済』52(5): 2-31.
1.論文(査読有)下條尚志.2014.「メコンデルタにおける統治をめぐるせめぎあい―地域社会の人々のローカル秩序と回避の『場』(1976~1988年)」『東南アジア研究』51(2): 1-40.
1.論文(査読有)外山文子.2013.「タイ2007年憲法と上院―その新たなる使命」『南方文化』39: 75-96.
1.論文(査読有)外山文子.2013.「タイにおける汚職の創造―法規定を政治家批判」『東南アジア研究』51(1): 109-138.
1.論文(査読有)外山文子.2013.「タイ憲法における“国の基本政策方針”の政治的意味」『アジア・アフリカ地域研究』12(2): 194-212.
1.論文(査読有)外山文子.2013.「抑え込まれるタイ立法権―選挙制度改革を中心に」『年報タイ研究』13: 23-42.
1.論文(査読有)梶田諒介;甲山治.2016.「1500年-1938年のインドネシアの地震の地震動の記録―オランダ植民地時代史料に記述された地震動のロッシ・フォレル震度階による整理」『自然災害科学』35:105-116.
1.論文(査読有)茅根由佳.2013.「インドネシアの首都ジャカルタにおける水道事業民営化政策―ポスト・スハルト期の政治経済構造の継続と変容-」『東南アジア研究』51(1): 139-161.
1.論文(査読有)茅根由佳.2013.「インドネシアの首都ジャカルタ水道事業と民営化政策をめぐる攻防―ポスト・スハルト期の政治経済構造の継続と変容」『東南アジア研究』51(1): 139-16.
1.論文(査読有)岩田剛. 2008.「インドネシア・ブギス―マカッサル社会におけるシリ(恥―名誉)を核とする行為集団に関する一考察」『アジア・アフリカ地域研究』8(1): 75-88.
1.論文(査読有)佐治史.2016.「タイ・運河沿い市場集落の空間からみる社会集団の形成論理―生業空間としての水上市場を事例に」『東南アジア研究』54(1): 34-66.
1.論文(査読有)佐藤若菜.2014.「衣装がつなぐ母娘の『共感的』関係―中国貴州省のミャオ族における実家・婚家間の移動とその変容」『文化人類学』79(3): 305-327.
1.論文(査読有)佐藤若菜.2013.「中国の農村における暮らし―貴州省の村で」『歴史地理教育』807: 8, 77-81.
1.論文(査読有)山部健介.2014.「ベトナム・モン族に対する言語教育を通じた国民化政策―就学率・識字率向上からプロテスタント改宗阻止へ」『アジア・アフリカ地域研究』14(1): 64-95.
1.論文(査読有)小田なら. 2011.「ベトナム近現代史における伝統医学―『民族医学』の誕生」『東南アジア 歴史と文化』40: 125-144.
1.論文(査読有)小田なら.2014.「南ベトナム(ベトナム共和国)における伝統医学の制度化―華僑・華人との関わりに着目して」『国際地域学論叢(The Journal] of International and Area Studies)』7(2): 1-30.
1.論文(査読有)小田なら.2015.「仏領インドシナ期ベトナムにおける植民地政府の医療・衛生行政―北部トンキンにおける産婆の活用事例を例にして」『東南アジア研究』53(2): 217-243.
1.論文(査読有)小田なら.2016.「南ベトナム(ベトナム共和国)における伝統医学の制度化―華僑・華人との関わりに着目して」『東南アジア研究』53(2): 217-243.
1.論文(査読有)小林美月; 山田俊弘;三浦真由子;奥田敏統;Hlang;Ei Ei; Khing Kyi Kyi.2017.「ミャンマーバゴー山地M村域における野生動物の減少」『広島大学大学院総合科学研究科紀要. II, 環境科学研究』12: 1-10.
1.論文(査読有)西島薫.2015.「ボルネオ・イバン人のリーダーシップに関する一考察」『アジア・アフリカ地域研究』15(1): 49-70.
1.論文(査読有)竹原かろな.2012.「最南部地域の紛争―増加する軍事費と終わらない暴力」『年報タイ研究』12: 83-100.
1.論文(査読有)竹口美久.2010.「タイの外国人労働者への政府の対応・政策動向と研究課題」『現代社会の構想と分析』8: 136-154.
1.論文(査読有)竹口美久.2011.「研究ノート タイにおける外国人労働者受容の制度的変遷」『南方文化』38: 85-103.
1.論文(査読有)竹口美久.2013.「残留か帰国か―2011年代洪水が外国人労働者に与えた影響」『2011年タイ洪水が映すタイ社会―災害対応から考える社会のかたち』(CIAS Discussion Paper No. 31)、pp. 34-41.
1.論文(査読有)中野真備.2018.「国境なき海域ネットワークと漁撈知に基づく『漂海民』バジャウの移動に関する研究」『研究報告』27.
1.論文(査読有)中野真備.2020.「インドネシア・バンガイ諸島のサマ人の外洋漁撈と空間認識」『アジア・アフリカ地域研究』19(2).
1.論文(査読有)日向伸介.2012.「ラーマ7世王治世期のバンコク国立博物館に関する一考察―ダムロン親王の役割に着目して」『東南アジア 歴史と文化』41: 30-60.
1.論文(査読有)日向伸介.2013.「ダムロン親王『シャム仏蹟史』(1926)の成立と思想」『南方文化』40: 51-69.
1.論文(査読有)北澤直宏.2015.「ベトナム共和国第一共和政における「宗教」概念の導入―カオダイ教の変質から」『東南アジア 歴史と文化』44.
1.論文(査読有)林育生.2014.「遠行與作功德―泰國東北社會男性跨國移工的性別政治與行動意義」『台灣東南亞學刊』10(1): 33-70.
1.論文(査読有)林育生.2015.「泰國一貫道的發展與經濟社會變遷」『亞太研究論壇』61: 55-85.
1.論文(査読有)林育生.2016.「タイにおける一貫道の組織発展と人間の流動性」『東南アジア研究』53(2): 189-216.
1.論文(査読有)吉澤あすな.2013.「南部フィリピンにおけるムスリム-クリスチャン関係の歴史と言説―インターマリッジの理解に向けて」『アジア・アフリカ地域研究』(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科) 13(1): 24-48.
1.論文(査読有)櫻田智恵. 2013.「『身近な国王』へのパフォーマンス:タイ国王プーミポンによる地方行幸の実態とその役割」 『AGLOS Journal』(上智大学)Special Edition: 71-97.
2.単行本(分担執筆を含む)Agung Wicaksono. 2017. Optimizing the Niche: Sugarcane Cultivation in Eastern Pemalang after the Collapsed of New Order Regime in Two Centuries of Agrarian, Economic, and Ecological Shifts in the North Coast of Java (1812-2012), pp. 124-160.
2.単行本(分担執筆を含む)Agung Wicaksono. 2019. Indonesia's Growing Rural Middle Class: A portrait of six villages in Eastern Pemalang district in Two Centuries of Agrarian, Economic, and Ecological Shifts in the North Coast of Java (1812-2012), pp. 217-234.
2.単行本(分担執筆を含む)Iizuka, Kotaro; Watanabe, Kazuo; Kato, Tsuyoshi; Niken Andika Putri; Silsigia, Sisva; Kameoka, Taishin. 2018. Visualizing the Spatiotemporal Trends of Thermal Characteristics in a Peatland Plantation Forest in Indonesia: Pilot Test Using Unmanned Aerial Systems (UASs). Remote Sensing 10 (9): 1-11.
2.単行本(分担執筆を含む)Kaoru Nishijima. 2015. Revitalization of Two Kingships in Ketapang, West Kalimantan in Reiko Ida, Kaoru Nishijima, Naoki Fukushima, Tatsuro Futatsyama eds., Reconsidering Ethnography in Area Studies: From Local Practice to Wider Network, Report of Research Collaboration & Management Support Course for International Research Output Training, Center for On-site Education and Research, Integrated Area Studies Unit, Center for the Promotion of Interdisciplinary Education and Research, Kyoto University, 27-40.
2.単行本(分担執筆を含む)Katrina NAVALLO. 2020. 「フィリピン人医療人材の日本への移動:介護労働者と看護師の教育の質とその動機」『地域ケアリング』2020(1): 30-35.
2.単行本(分担執筆を含む)Kritdikorn Wongswangpanich. 2017. Drama Sutra: The Rise and Fall of Human Conflict in Relation to Technological Development (in Thai). Salmon Books, Thailand.
2.単行本(分担執筆を含む)Kritdikorn Wongswangpanich. 2019. Theories of Manga. Salmon Books.
2.単行本(分担執筆を含む)NAOI Riyo. 2012. Viewpoints in Jane H.C.Yu and Asian Network of Documentary (eds.), Asian Documentary Today. Pusan International Film Festival, pp. 293-298.
2.単行本(分担執筆を含む)Shinya TAKEDA. 2018. Effects of Local Forest Utilization on Community Forest Stand Structure and Species Composition in Nyaung Shwe Township, Shan State, Myanmar. Research for Tropical Agriculture 11(1): 53-54.
2.単行本(分担執筆を含む)Thinn Thinn. 2015. Managing Natural Resources towards Sustainable Livelihoods Development. Report of Research Collaboration & Management Support Course for International Research Output Training. Graduate School of Asian and African Area Studies, Kyoto University.
2.単行本(分担執筆を含む)金悠進.2018.「インドネシア・インディーズ音楽の夜明けと成熟」『東南アジアのポピュラーカルチャー − アイデンティティ・国家・グローバル化』東京:スタイルノート、pp. 330-335.
2.単行本(分担執筆を含む)小田なら.2013.「引退、しかし多忙な人生(翻訳)」『家族、仲間、そして祖国―ベトナム社会主義共和国・元国家副主席グエン・ティ・ビン女史回顧録』冨田健次、清水政明監修・翻訳、コールサック社、pp. 230-240.
2.単行本(分担執筆を含む)岡江恭史.2012.「おしん―農村から海外に輸出される労働力」『現代ベトナムを知るための60章 第2版』東京:明石書店、pp. 189-191
2.単行本(分担執筆を含む)下條尚志.2010.「ベトナム・サイゴン政権の山地民統治の転換―山地民暴動以後の中部高原における土地政策を中心に」下條尚志、首藤あずさ、堀江未央、佐久間香子編『マイノリティの諸相:日常における葛藤や交渉へのまなざしから』京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科・2009年度大学院教育改革プログラム支援室, pp1-13, 2010年10月1日.
2.単行本(分担執筆を含む)外山文子. 2012.「三権分立」「立法権」「司法権」「行政権」「立憲主義」「大統領制」「議院内閣制」「半大統領制」「支配の正当性」「政党政治」「政党制」「複数政党制」「コーポラティズム」「多極共存型民主主義」「イスラム諸国会議機構」「アフリカ連合」「アフリカ開発会議] 東長靖・石坂晋哉編 『持続型生存基盤論ハンドブック』(講座生存基盤論6)京都:京都大学学術出版会
2.単行本(分担執筆を含む)茅根由佳.2012.「政治学用語」『持続型生存基盤論ハンドブック』(講座生存基盤論6)京都:京都大学学術出版会.
2.単行本(分担執筆を含む)岩田剛.2012.「アダット」『持続型生存基盤論ハンドブック』(講座生存基盤論6)東長靖・石坂晋哉編、京都:京都大学学術出版会.
2.単行本(分担執筆を含む)財津信.2013.「民間外交に戻る」(翻訳)『家族、仲間、そして祖国―ベトナム社会主義共和国・元国家副主席 グエン・ティ・ビン女史回顧録』グエン ティ ビン 著、冨田健次・清水政明 監修・翻訳、コールサック社、pp. 190-198.
2.単行本(分担執筆を含む)坂川直也.2014.「イサーン発の仏霊喜劇「ブンミおじさんの森」の魅力」『タイを知るための 72章 第 2版』綾部真雄編著、 東京:明石書店、pp.321-323.
2.単行本(分担執筆を含む)小田なら.2012.「ベトナムの食生活―熱と涼の調和」『現代ベトナムを知るための60章 第2版』今井昭夫・岩井美佐紀編著、pp. 243-249.
2.単行本(分担執筆を含む)神代ちひろ;高田洋平;竹口美久.2011.「地域研究者と『開発』―援助機関におけるインターンシップの経験から」『2010年度大学院教育改革支援プログラム院生発案共同研究報告書』京都大学.
2.単行本(分担執筆を含む)西島薫.2015.Revitalization of Two Kingswhips in Ketapang, West Kalimantan. Reconsidering Ethnography in Area Studies: From Local Practice to Wider Network. Report of Research Collaboration and Management Support Course for International Research Output Training/Center for On-site Education and Research. Integrated Area Studies Unit, pp. 27-39.
2.単行本(分担執筆を含む)日向伸介.2014.「プラ・ウィハーン/プレア・ヴィヒア遺跡問題」『タイを知るための 72章 第2版』東京:明石書店、pp. 372-376.
2.単行本(分担執筆を含む)吉澤あすな.2018.『消えない差異と生きる―南部フィリピンのイスラームとキリスト教』東京:風響社.
2.単行本(分担執筆を含む)吉澤あすな;日下渉.2019.「紛争社会でつくる日常の平和―南部フィリピンにおけるムスリムとクリスチャンの共棲」『日常生活と政治』東京:岩波書店.
2.単行本(分担執筆を含む)堀江未央.2010.「「ラフ族文化」とはなにか?民族文化の提示をめぐって―中国雲南省瀾滄ラフ族自治県からのフィールドノート」下條尚志;首藤あずさ;佐久間香子;堀江未央『マイノリティの諸相―日常における葛藤や交渉へのまなざしから-』大学院アジア・アフリカ地域研究研究科・大学院教育改革支援プログラム監修, 中西印刷出版部松香堂書店, pp. 25-39.
2.単行本(分担執筆を含む)櫻田智恵.2014.「プーミポン国王の地方行幸」 『タイを知るための72章』綾部真雄編、東京:明石書店.
3.論文(査読無)Dheny Trie Wahyu Sampurno. 2017. One Map Policy and Peat Restoration. Tropical Peatland Society Project of RIHN.
3.論文(査読無)Dheny Trie Wahyu Sampurno. 2018. Responsible Management of Tropical Peatland Restoration. Spatial Assessment of Peat Landscape Degradation and the Impact to Small-Scale Livelihood.
3.論文(査読無)IIDA, Reiko. 2013. Transformation of Performing Arts in Contemporary India: The Case of Tamāśā and Lavani in the State of Maharashtra, International conference on Succession, Innovation and Transformation of Traditional Culture: Performing arts and Oral tradition in Asia-Pacific Region, pp.171-179, 2013
3.論文(査読無)IIDA, Reiko. 2013. Historical Development of Tamāśā, Folk Art From The State of Maharashtra, Western India.『アジア・アフリカ地域を理解するためのトライアンギュレーション・プロジェクト成果論集』坂井紀公子・小川裕子編、京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 頭脳循環を活性化する若手研究者海外派遣プログラム事務局、pp. 4-16.
3.論文(査読無)Kazuyo FUTAESAKU. 2019. Reconstruction and Transformation of Regional Culture Through Tourism: The case of Bangka Belitung Province. Advances in Social Science, Education and Humanities Research 367: 50-55.
3.論文(査読無)Sai, A.; Kaur, N. 2017. 「多民族社会マレーシアにおけるオーストロネシア諸語集団の文化的多様性・身体観と肥満」『日本オセアニア学会ニュースレター』119:1-15.
3.論文(査読無)Sato Wakana. 2014. Transference of women and Miao's ethnic costumes between the natal and marital families in Guizhou province, China. Proceeding of JSPS Asian Core Program Final Workshop Asian Connections: Southeast Asian Model for Co-Existence in the 21st Century, pp. 105-112.
3.論文(査読無)Shinsuke HINATA. 2012. Monarchy and National Culture: The Founding of the National Museums of Japan and Thailand. The 2012 International Conference on Asia-Pacific Studies, National Sun Yat-sen University, Taiwan.
3.論文(査読無)Shinsuke HINATA. 2013. Idealized Kingdom: Prince Damrong Rachanuphap, the Capital Museum, and the Creation of a Historical Image of Modern Siam. Thai Studies through the East Wind. Chiang Mai University, Thailand.
3.論文(査読無)白石華子.2018.Archaeology and Tourism: A Case Study of Thailand. Proseedings of the International Conference on Future of the Past: Tourism and Cultural Heritage in Asia, pp. 161-176.
3.論文(査読無)Thel Phyu Phyu Soe; Shinya TAKEDA. 2019. Livelihood Transition and Diminishing Floating Gardens in an Inthas Village on Inle Lake. JASTE Conference.
3.論文(査読無)Thinn Thinn and Shinya Takeda. 2012. A Review of Mangrove Conservation and Management in Myanmar. Journal of Forest Management 11: 34-42
3.論文(査読無)Thinn Thinn and Shinya Takeda. 2013. Mangrove Vegetation and Land Use of Cyclone-affected Areas in the Ayeyarwady Delta, Myanmar. Research for Tropical Agriculture 6 (suppl.2): 73 ? 74
3.論文(査読無)Thinn Thinn and Shinya Takeda. 2014. Local mangrove forest management in Kadonkani Reserved Forest: A village level case study in the Ayeyarwady Delta, Myanmar. Proceeding of the 24th Annual Meeting of The Japan Society of Tropical Ecology. 74.
3.論文(査読無)Thinn Thinn and Shinya Takeda. 2014. Local Mangrove Forest Management of Cyclone-affected Areas in Myanmar. The 24th IUFRO World Congress.
3.論文(査読無)WIN MAUNG AYE; Shinya TAKEDA. 2018. Abandonment of mangrove paddy fields and its consequences in a Mon village, Taninthayi Region,Myanmar. Japanese Society for Tropical Agriculture, Research for Agriculture 11 (Extra issue 1).
3.論文(査読無)WIN MAUNG AYE; Shinya TAKEDA. 2018. Stand structure and Above-ground Biomass of Rhizophora forest in Lampi Marine National Park, Myanmar. Japanese Society for Tropical Agriculture, Research for Agriculture 11(Extra issue 2)
3.論文(査読無)Win Maung Aye; Shinya TAKEDA. 2019. Structures, Above-ground Biomass and Management of Primary Rhizophora forests in a Moken village, Myanmar. The 29th Annual Meeting of the Japan Society of Tropical Ecology.
3.論文(査読無)Worrkittmalee Thawatchai. 2013. The Adoption of New Local Management Method in Thailand through Japanese Experience. Thai Studies in the East Wind, Chiang Mai, Thailand, 23-25 August 2013.
3.論文(査読無)Worrkittmalee Thawatchai. 2015. Politicization of Local Government in Northeastern Thailand after Thaksin Administration. Workshop on Theories and Methods of International Studies (IIX), Thailand and Indochinese Counterparts Revisited: Governance, Social Networks and China Factors at National Chengchi University, Taipei, Taiwan, on 3-4 September 2015.
3.論文(査読無)川中薫.2009.「現代インドのアパレル産業」『研究と実務を架橋するフィールドスクール:社会に貢献するアジア・アフリカ地域研究専門家の養成コース』京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科、 pp. 111-112.
3.論文(査読無)川中薫.2013.「Proceedings, Textiles and Weavers: A variety of South Indian weavings in 2013」『アジア・アフリカ地域を理解するためのトライアンギュレーション・プロジェクト』平成22-24年度実施最終報告書、pp.192-193.
3.論文(査読無)佐藤若菜.2008.「中国西南部におけるミャオ族の刺繍継承に関する研究」『実践的地域研究―魅力ある大学院教育イニシアティブ・臨地教育研究による実践的地域研究者の養成 平成18~19年度フィールドワーク・インターンシップ実施報告書集』、pp. 29-30.
3.論文(査読無)佐藤若菜.2011.「貴州省東南部ミャオ族社会における服飾に関する研究―女性による服飾製作と刺繍技術の継承」『研究と実務を架橋するフィールドスクールー社会に貢献するアジア・アフリカ地域専門家の養成コース:平成20~22年度実施報告書集』、pp. 9-11.
3.論文(査読無)佐藤若菜.2012.「高速鉄道建設が中国貴州省の農村に与えた影響について(フィールドワーク便り)」『アジア・アフリカ地域研究』12(1): 126-130.
3.論文(査読無)佐藤若菜.2013.「中国の農村における暮らし―貴州省の村で」『歴史地理教育』807: 8, 77-81.
3.論文(査読無)北澤直宏.2016.「日越仏教関係の展開-留学僧を通して」『アジア遊学』.
3.論文(査読無)平田生子.2011.「インドネシア・ジャカルタにおけるバタック人の都市生活」『日韓次世代学術フォーラム 第8回国際学術大会予稿集』日韓次世代学術フォーラム第8回国際学術大会 大韓民国・釜山・東亜大学校、2011年8月22~23日、pp. 244-247.
3.論文(査読無)堀江未央.2008.「中国西南部・雲南省における少数民族の生活変化とアイデンティティに関する研究」『実践的地域研究―魅力ある大学院教育イニシアティブ・臨地教育研究による実践的地域研究者の養成 平成18年度~19年度・フィールドワーク・インターンシップ実施報告書集』、pp. 63-65.
3.論文(査読無)堀江未央.2011.「中国雲南省ラフ族における社会変容と民族意識に関する研究」『研究と実務を架橋するフィールドスクール 社会に貢献するアジア・アフリカ地域専門家の養成コース 平成20~22年度実施報告書集』pp. 43-44.
3.論文(査読無)堀江未央.2013.「中国雲南省におけるラフ族女性の遠隔地結婚と移動に関する調査報告」西本陽一『雲南少数民族の生活経験の変化―解放後中国の社会変化をラフ族住民はどう生きたか―』平成21年度~平成24年度科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書(課題番号21510257)、pp. 107-138.
3.論文(査読無)師田史子.2016.「フィリピン農村の社会経済構造及び所行為の階層性―ミンダナオ島におけるココヤシ栽培農村の事例」『横浜市立大学学生論集』56(2): 1-44.
3.論文(査読無)木口由香.2010.Proceeding:The change of the usage of fishing gear, toum yai of Lao in northeastern Thailand. International Conference: Changing Ways of Life of Ethnicities in the Mekong RegionMekong Sub-region Research Center, Ubon Ratchathani University. Ubon Ratchathani, Thailand. November 2010.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物Ai SUZUKI, Tan SETHA, Thong SOKHA, and Shigeo KOBAYASHI. 2013. The first photographs of clouded leopards in the northern Plains of Cambodia. Cat News 59: 14-15.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物Ai SUZUKI. 2014. New Site: Carnivores in Preah Vihear Protected Forest, northern Cambodia. DIWPA News letter 30: 8-11.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物Asegawa, Satoru. 2010. The Rise and Rise Diabetes in Indonesia. CSEAS NEWS LETTER (Center for Southeast Asian Studies, Kyoto University) 62: 17-18.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物Bondan Widyatmoko. 2017. (Book Review) Catastrophe and Regeneration in Indonesia`s Peatlands: Ecology, Economy and Society. Southeast Asian Studies 6 (1): 183-188.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物Bondan Widyatmoko. 2017. (Book Review) Expulsion, Brutality and Complexity in the Global Economy. www.psdr.lipi.go.id/publications/book_reviews
4.短報・翻訳・書評・その他出版物Boon Kia Meng. 2016. Film Review: ‘Kuala Lumpur Sdn. Bhd.’ Kyoto Review of Southeast Asia, March 2016.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物Ei; Shinya Takeda. 2013. Preliminary Observations of Interactions among Local Livelihoods and Taungya Teak Plantations in the Bago Mountains, Myanmar. Research for Tropical Agriculture 6(suppl. 2): 75-76.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物Ei; Shinya Takeda. 2014. The Local Particularity of the Livelihoods of Taungya Participants in the Teak Plantations in the Bago Mountains, Myanmar. The International Forestry Review 16(5): 456-457.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物Go IWATA. 2009. A Consideration of Siri’ among the Bugis-Makassar in South Sulawesi: From a Broader Scope. Proceedings of First International Graduate Students Conference on Contemporary Indonesia: “(Re)Considering Contemporary Indonesia: Striving for Democracy, Prosperity, and Sustainability”, The Graduate School Gadjah Mada University, Yogyakarta, Indonesia.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物Go Iwata. 2010. Sustainable Future for Cultural Values?: Continuity and Change of the Concept of ‘Siriq’ in South Sulawesi, Indonesia. Proceedings of the Sustainable Future for Human Security (SustaiN’2010) Conference, Kyoto, Japan, pp. 326-331.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物Go Iwata. 2011. A Study on the Cultural Values and Network Formation of the Bugis and Makassarese, Indonesia. The Asian Conference on Asian Studies Conference Proceedings 2011, Aichi: The International Academic Forum, pp. 192-204.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物Go Iwata. 2011. Lika-liku Pernikahan: Biaya Pernikahan, Minggat dan Perceraian pada Masyarakat Makassar Modern. ITP International Symposium Proceedings: “New Horizon of the Interdisiplinary Approaches to Asian and African Area Studies. Kyoto: Graduate School of Asian and African Area Studies, Kyoto University, pp. 133-147.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物Go IWATA. 2011. Marine Resource Management and Social Change: A Case Study of the Flying Fish Fishery in South Sulawesi, Indonesia「海洋資源の管理と地域社会の変容:インドネシア、スラウェシ島におけるトビウオ漁の事例から」 『教育部100年(2011年)日本東亞碩博士生臺灣研習團Proceedings CD』台北:中華民国教育部,12p.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物Go Iwata. 2011. Ritual Zaman Dulu dan Masa Kini: Upacara Penyucian Benda Pusaka dan Pesta Nelayan pada Masyarakat Makassar. Proceedings of the 7Th Kyoto University Southeast Asia Forum: “Politics, Livelihood and Local Praxis in the Era of Decentralization in Indonesia”, Makassar, Indonesia, pp. 112-119.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物Hirose Takaki. 2013. Mahasiswa Jepang Penelitian di Sabu. Timor Express (Kupang, Indonesia), 24 May.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物Katrina NAVALLO. 2019. (Book review) Made in Japan(2018), edited by Rey Ventura. Philippine Studies: Historical and Ethnographic Viewpoints 67(2): 273-277.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物LIN Yu-sheng. 2013. Film Review: ‘Detours to Paradise (Sincerely Yours)’ by Rich Lee (Director). Kyoto Review of Southeast Asia 13 (Online Journal) http://kyotoreview.org/2013/03/issue-13/
4.短報・翻訳・書評・その他出版物LIN Yu-sheng. 2016. Critics and Defenders: Disputes over Yiguan Dao (I-Kuan Tao) in Buddhist Thailand. Proceedings on The 2016 CESNUR (Center for Studies on New Religions) Conference: Religious Movements in a Globalized World: Korea, Asia, and Beyond, Daejin University, Pocheon City, Republic of Korea, 4-10 July 2016, p. 40. Pocheon City: Daejin University.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物Md. Rashedur Rahman; Kazuo Ando. 2010. Preliminary Study of Farming Systems in the Saline Affected Area of Bangladesh: A Case Study in Shuktia Village. Japanese Journal of Tropical Agriculture and Development 5 (Extra Issue 1): 67-68.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物Md. Rashedur Rahman; Kazuo Ando. 2011. A Village Level Study on Shrimp and Rice Based Cropping System in the Salinity Affected Area of Bangladesh. Japanese Journal of Tropical Agriculture and Development 4(Extra Issue 1): 31-32.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物Md. Rashedur Rahman; Kazuo Ando. 2012. Comparative Economic Return From Shrimp-Boro rice Cropping System and Aman rice- Boro rice Cropping Systems in coastal Area of Bangladesh. Japanese Journal of Tropical Agriculture and Development 3(Extra Issue 1): 35-36.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物Md. Rashedur Rahman; Kazuo Ando. 2013. Salinity Level and Soil Nutrients in Coastal Area of Bangladesh as Affected by Shrimp Based Cropping System: A Village Level Study. 113 th Annual Conference arranged by Japanese Society for Tropical Agriculture, Tokyo, Japan. Vol. 6, Extra Issue 1, pp. 81-82.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物Miku Takeguchi. 2010. Bertanam Cabai Di Landang. In Melihat Sisi Lain Dunia pp: 55-59.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物Nguyen Thi Le; Sarah Turner; Christine Bonnin, and Jean Michaud. 2016. (book review) Frontier Livelihoods: Hmong in the Sino-Vietnamese Borderlands. Seattle and London: University of Washington Press, 2015, 223p. Southeast Asian Studies 5(3).
4.短報・翻訳・書評・その他出版物Okamoto, Masaaki; Muhammad Arif eds. Ikuko Hirata. 2010. ''Ibuku' yang Lebih Muda', Melihat Sisi Lain Dunia. KICO Worldwide Indonesia, pp. 71-77 インドネシア・フィールドスクール出版
4.短報・翻訳・書評・その他出版物Sachi Matsuoka. 2015. Arishta and Asava, a comparison of Indian medicinal wine and Japanese medicinal liquor. GSS Interdisciplinary Research Forum. Kyoto University Inter-Graduate School Unit for Sustainable Development and Survivable Societies. No. 2, pp. 15-17
4.短報・翻訳・書評・その他出版物Sachi Matsuoka. 2016. How does rice dance with humans?: Fermentation as a micro-ecosystem. Schumacher College Community Newsletter August 2016.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物Sai A. 2013. Mechanisms of Obesity Observed in Sabah, Malaysia: In relation to the lifestyle of Bumiputera and Chinese populations seen in urban and suburban areas. Integrated Area Studies Unit, Kyoto University.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物Sai A. 2015. Obesity and Dietary Patterns in Malaysia. Interdisciplinary Research Forum 2: 17-20.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物Sai A; Monyrotha T; Ariyi H. 2015. Report on Asian and African Area Studies Summer School Program, pp. 13-16. 23-24. 40-43.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物Shinsuke. HINATA. 2012. A Study on the History of Bangkok National Museum Collection: Focusing on the Ministry of the Interior. 『2011年度GCOE大学院派遣報告書』.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物SHIRAISHI, N. 2014. (Book Review) From a Small Maternity Clinic in the Philippine. Kyoto Review of Southeast Asia 15.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物SHIRAISHI, N. 2014. Putting what the First? : Natural Resources or Subsistence of the People: Survival Strategy and Resources Using of Alangan-Mangyan in Mindoro, Philippine.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物Taishin Kameoka. 2018. Local Land-use Practice on Peatland Fire Management in Tanjung Leban, Riau province, Indonesia. 『京都⼤学⼤学院アジア・アフリカ地域研究研究科附属次世代型アジア・アフリカ教育研究センター発行/ 創発』2017年: 121.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物TE MONYROTHA. 2015. Cambodia’ Internal and External Migration in the Era of AEC.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物TE MONYROTHA. 2016. A Study of Commune Councilors in Contemporary Cambodia.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物Thinn Thinn; Shinya Takeda. 2015. Mapping household-level land use in a mangrove forest of the Ayeyarwady Delta, Myanmar. 126th Annual Meeting of the Japanese Forest Society. Hokkaido University.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物Thinn Thinn; Reiji Suzuki; Shinya Takeda. 2015. Soil salinity at different heights in the cyclone-affected mangrove paddy fields in the Ayeyarwady Delta, Myanmar with special reference to Byaik. The 25 meeting of The Japan Society of Tropical Ecology Kyoto University.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物Thinn Thinn, Reiji Suzuki and Shinya Takeda. 2016. Soil salinity in cyclone-affected mangrove paddy fields in the Ayeyarwady Delta, Myanmar. The 26th Meeting of JASTE, Tsukuba University: 42.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物Wai Phyoe Maung; Shinya TAKEDA. 2019. Effects of Logging and Forest Fires on Stand Structure of Acacia catechu Forests in Saw Township, Magway Region, Myanmar. Research for Tropical Agriculture 12 (Extra issue 1): 89-90.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物Wai Phyoe Maung; Shinya TAKEDA. 2019. Structure and Management of Sha Forests, and Cutch Production in Saw Township, Myanmar. Abstracts of the 29th Annual Meeting of the Japanese Society for Tropical Ecology, p.101.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物Wai Phyoe Maung. 2018. Acacia catechu Forests and Cutch Production in Saw Township, Magway Region, Myanmar. Rinchi: Report of the Center for On-site Education and Research 2018 (Part 1): 46-48.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物Yukika OHMURA. 2016. Yaya-Alaga Relationship: An Alternative Way of Family. Proceedings of the 10th International Conference on Philippine Studies: Re-imagining Community, Scholarship, Citizenship, Silliman University, Dumaguete City, 6-8 July 2016, p. 47. Dumaguete City: Silliman University.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物後藤直子.2015.「グローバル生存学履修生の紹介 後藤直子」『京都大学グローバル生存学大学院連携プログラムNews Letter』 10: 7.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物阿瀬川慧.2014.「首都の保健所から(下)」『じゃかるた新聞』2014年1月13日.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物阿瀬川慧 .2014.「首都の保健所から(上)」『じゃかるた新聞』2014年1月12日.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物阿瀬川慧.2010.「2009 年 11 月 14 日『世界糖尿病デー』世界のライトアップ」『月刊糖尿病ライフさかえ』(日本糖尿病協会発行)3 月号: 45.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物阿瀬川慧.2011.「2010 年 11 月 14 日第 4 回『世界糖尿病デー』世界のライトアップ」『月刊糖尿病ライフさかえ』(日本糖尿病協会発行)2 月号: 37.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物井上瞳;小坂康之;竹田晋也;Theingi Myint.2016.「ミャンマー中央乾燥地域村落における農外就業機会の多様化に伴う農林業システムの変化」熱帯農業学会、鹿児島、2016年10月8-9日.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物磯田真紀.2018.「Growth of wild tea with Quercus acutissima in the central Kyushu Mountains」『創発2017 臨地キャンパス・成果発信報告書』(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科付属次世代型アジア・アフリカ教育研究センター)、p. 113.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物磯田真紀.2018.「ミャンマーの茶園地域における持続的植生管理及び植物利用に関する研究―ミャンマー・タイ・ラオス茶園地域概査」『臨地2017院生海外臨地調査報告書』(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科付属次世代型アジア・アフリカ教育研究センター)、pp. 37-39.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物園中曜子.2009.「書評 Ismail Rusuhi Ankaravi (hazirlayanlar Semih Ceyhan, Mustafa Topatan), Mesnevi'nin Sirri Dibace ve Ilk 18 Beyit Serhi」『イスラーム世界研究』2(2): 311-316.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物園中曜子.2010.「Deniz Göktürk, Levent Soysal and Ipek Türeli, eds. Orienting Istanbul: Cultural Capital of Europe?」『日本中東学会年報』27: 359-362.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物園中曜子.2010.「Martin Stokes ,The Republic of Love: Cultural Intimacy in Turkish Popular Music(書評と紹介)」『イスラム世界』77: 54-66.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物園中曜子.2010.「書評 Saeb Eigner, Foreword by Zaha Hadid, Art of the Middle East: Modern and Contemporary Art of the Arab World and Iran」『日本中東学会年報』 27(1): 359-362.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物園中曜子.2011.「Kenneth M. George, Picturing Islam: Arts and Ethics in a Muslim Lifeworld」『イスラーム世界研究』4(1-2): 609-617.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物柏美紀.2019.「インドのサリーを体験するマレー人女性の心中は…」『メルマガ写真館』162.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物黄潔.2016.「旅の談話室―広西省トン族の集落と風水」『まほら』(旅の文化研究所)89: 60.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物黄潔.2017.「今も息づく出羽三山信仰(フィールド便り)」『アジア・アフリカ地域研究情報マガジン』 170.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物黄潔.2017.「中国広西省トン族集落における居住空間―風水と「政策移動」(フィールドワーク便り)」『アジア・アフリカ地域研究』16(2): 223-226.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物黄潔.2017.「歴博蔵中国侗族(トン族)関係民俗仮面・衣装の調査研究―追儺儀礼の少数民族地域への伝播と展開に注目して」『わくわくする研究を歴博で! 国立歴史民俗博物館の共同研究紹介』2: 23.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物下條尚志.2008.「コーヒーとベトナム―ベトナム中部高原の先住民社会とコーヒー栽培」『アジア・アフリカ地域研究』8(1): 101-106.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物下條尚志. 2010.「マイノリティと土地」『マイノリティの諸相―日常における葛藤や交渉へのまなざしから』下條尚志、首藤あずさ、堀江未央、佐久間香子編、京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科・2009年度大学院教育改革プログラム支援室、pp. 55-56.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物下條尚志. 2015.「書評 高田洋子著『メコンデルタの大土地所有―無主の土地から多民族社会へ フランス植民地主義の80年』」『東南アジア歴史と文化』44: 184-188.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物外山文子.2010.「なぜ政治家の汚職は無くならないのか―タイ憲法に基づく独立機関に注目して」『東南アジア学会会報』93: 15-16.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物外山文子. 2012.「タイ:‐“法の支配という大義名分による民主主義の破壊‐」『2012年度日本比較政治学会研究大会案内・プログラム・報告要旨』.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物岩田剛.2008.「インドネシア・南スラウェシにおける「恥」と「名誉」の概念に関する研究」『実践的地域研究―魅力ある大学院教育イニシアティブ・臨地教育研究による実践的地域研究者の養成 平成18年度~19年度・フィールドワーク・インターンシップ実施報告書集』重田眞義・中村香子・加藤眞理子編、京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科フィールドワーク・インターンシップ支援室、pp. 9-10.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物岩田剛.2011.「アダット」『持続型生存基盤論グロッサリー』東長靖・石坂晋哉編、京都大学東南アジア研究所、p. 3.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物岩田剛.2011.「インドネシア、ブギス-マカッサル社会におけるネットワーク形成の一考察:シリの概念を事例として」『日本文化人類学会第45回研究大会発表要旨集』.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物亀岡大真.2017.「インドネシア・リアウ州における泥炭火災の特徴とその発生要因の解明」『京都⼤学⼤学院アジア・アフリカ地域研究研究科附属次世代型アジア・アフリカ教育研究センター発行/ 臨地』2017年: 28-30.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物亀岡大真.2018.「地域研究の魅力」『人間文化研究機構総合地球環境学研究所 熱帯泥炭社会プロジェクト/ Newsletter』4: 5-6.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物亀岡大真.2019.「フルーツ大国インドネシア」『アジア・アフリカ地域研究情報メールマガジン」153.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物亀岡大真.2019.「イノシシが未来の森をたべる―防火のための植林活動を事例として」『アジア・アフリカ地域研究』19(1): 97-101.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物久納源太;Yoseph Wihartono.2018.Refonfiguring Post-Ahok Populism, Post-Truth, and Cyberspace in Indonesia.4th International Conferenec on Contemporary Social and Politcal Affair.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物金悠進.2016.「書評 野中 葉.『インドネシアのムスリムファッション―なぜイスラームの女性たちのヴェールはカラフルになったのか』福村出版, 2015, xiii+224p.」『東南アジア研究』54(1): 143-145.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物金悠進.2015.「ジャカルタパンクと政治(フィールドワーク便り)」『アジア・アフリカ地域研究』15(1): 157-160.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物金悠進.2018.「ステージからモスクへ?」『東南アジアのポピュラーカルチャー−アイデンティティ・国家・グローバル化』東京:スタイルノート、pp. 442-443.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物金悠進.2019.「ロック、ポップス」『東南アジア文化事典』東京:丸善出版、pp. 442-443.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物土谷ちひろ.2019.「南江堂」「NCDsと看護」『看護学テキストNiCE 国際看護』.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物古橋牧子;Nguyen Kim Dua;Tran Thanh Men;Dai Thi Xuan Trang;小坂康之.2018.「ベトナムにおけるドクダミ栽培とその利用」『熱帯農業研究』(日本熱帯農業学会)11(1): 43-44.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物古橋牧子;小坂康之.2017.「アジアにおけるドクダミの採集、栽培、利用、流通からドメスティケーションを考える」『第27回日本熱帯生態学会年次大会(奄美)講演要旨集』、p. 103.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物古橋牧子.2019.「薬草およびハーブとしてのドクダミ利用の伝承と実践」『第29回日本熱帯生態学会年次大会(札幌)講演要旨集』、p. 97.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物古橋牧子.2019.「フォーを食べる夫に注意」『アジア・アフリカ地域研究』19(1): 82-85.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物顧平原.2019.「Identity, Language and Education under Conflict Situations: A Glimpse into the Lives of Kokang People in Myanmar-China Border」『アジア・アフリカ地域研究』18(2): 23-26.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物甲斐丞貴;Kayali Ahmad Yaman;Abdul Aziz Djamal;西渕光昭.2016.「インドネシアにおける腸管出血性大腸菌の分布と感染症の発生に関与する地域特異的要因の解明」『日本細菌学会関西支部総会プログラム抄録集』、p. 57.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物甲斐丞貴;Kayali Ahmad Yaman;Abdul Aziz Djamal;西渕光昭.2017.「インドネシアパダン市における腸管出血性大腸菌の環境中の分布および患者の発生状況および食習慣と宗教との関係:先進国との違いに影響を及ぼす文化・社会的要因」『第58回日本熱帯医学会大会(グローバルヘルス合同大会2017)、プログラム抄録集』、p. 316.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物甲斐丞貴.2016.「Mahasiswa Jepang Melakukan Riset di FK UNAND」アンダラス大学HP掲載記事、2016年4月13日.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物甲斐丞貴.2016.「Mahasiswa Jepang Riset Bakteri Diare di Unand」現地ニュースサイト、2016年4月20日.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物甲斐丞貴.2016.「細菌性下痢症の発生に関与する地域特異的要因の解明―インドネシア西スマトラ州パダン市を事例として―」学生レポート、京都大学臨地教育支援センター.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物紺屋あかり.2013.「 研究ノート パラオ女性会議の展開と役割」『日本オセアニア学会ニュースレター』106: 17-24.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物紺屋あかり.2013.「書評 『オセアニアと公共圏?フィールドワークからみた重層性』昭和堂, 2012年,320p」『アジア・アフリカ地域研究』13(1): 56-59.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物佐井旭.2014.「『民族多様性』の言葉野中にみる人々?勝ち組か、あるいは負け組か?」 『アジア・アフリカ地域研究』14(1): 154-157.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物佐井旭.2014.「「民族多様性」の言葉野中にみる人々–勝ち組か、あるいは負け組か–」『アジア・アフリカ地域研究』14(1): 154-157.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物佐久間香子.2013.「サラワク先住民社会における先住民運動の影響―ブラワンとプナンの民族間関係からの考察」『日本文化人類学会第47回研究大会研究発表要旨集』、p. 163.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物佐治史;阿部充;柏木才助;岡田智幸;酒井宏.2016.「「かわまちづくり」の効果と課題に関する基礎的研究」『リバーフロント研究所報告』27(公益財団法人リバーフロント研究所): 26-34.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物佐藤若菜 .2008.「刺繍の練習(メルマガ写真館)」『魅力ある大学院教育イニシアティブ:臨地教育研究による実践的地域研究者の養成:アジア・アフリカ地域研究情報マガジン』59.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物佐藤若菜.2009.「日本人奨学生便り」『夢』(財団法人みずほ国際交流奨学財団)18.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物佐藤若菜.2013.「書評 鈴木正崇『ミャオ族の歴史と文化の動態―中国南部山地民の想像力の変容』風響社、2012、558p」『東南アジア研究』50(2): 14-17.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物佐藤若菜.2008.「中国西南部におけるミャオ族の刺繍継承に関する研究」『実践的地域研究:魅力ある大学院教育イニシアティブ・臨地教育研究による実践的地域研究者の養成 平成18~19年度フィールドワーク・インターンシップ実施報告書集』、pp. 29-30.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物佐藤若菜.2011.「貴州省東南部ミャオ族社会における服飾に関する研究:女性による服飾製作と刺繍技術の継承」『研究と実務を架橋するフィールドスクール:社会に貢献するアジア・アフリカ地域専門家の養成コース:平成20~22年度実施報告書集』、pp. 9-11.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物佐藤若菜.2012.「高速鉄道建設が中国貴州省の農村に与えた影響について(フィールドワーク便り)」『アジア・アフリカ地域研究』12(1): 126-130.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物佐野航平.2011. 「商品作物導入によるラオス北部山間盆地農業の変化」『第21回日本熱帯生態学会年次大会プロシーディング』A10.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物佐野航平.2012. 「アカの正月をともに過ごして」『アジア・アフリカ地域研究』12 (1): 130-132.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物佐野航平.2012. 「ラオス北部ムアンシン盆地のアカによるサトウキビ栽培拡大の要因―耕地入手の過程と労働交換のしくみ」『第22回日本熱帯生態学会年次大会プロシーディング』BJ2-11.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物財津信.2011年12月 ~ 2012年10月 : 日本ベトナム友好協会機関紙『日本とベトナム』にエッセイ「ハノイの風」を連載.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物財津信.2013.(翻訳)「民間外交に戻る」『家族、仲間、そして祖国―ベトナム社会主義共和国・元国家副主席 グエン・ティ・ビン女史回顧録』グエン ティ ビン 著;冨田健次;清水政明 監修・翻訳、コールサック社、pp. 190-198.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物杉野好美.2019.「都会の一角に小さなオアシス「薬草園」(フィールドワーク便り)」『アジア・アフリカ地域研究』18(2): 206-209.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物杉野好美.2019.「インドネシアの地域社会における伝統的薬草療法'Jamu'の役割について―ジャムウ行商婦人とその顧客の研究から」『生態人類学会』25: 24-26.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物山岸伸夫.2016.「現代インドにおけるISKCON寺院の台所空間とその変容(発表要旨)」『宗教研究』89.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物山中潤.2014.「中央カリマンタンの泥炭地における焼畑耕作」GSS(グローバル生存学大学院連携プログラム)発行の小冊子.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物山中潤;小林繁男;竹田晋也;ユスルム・ジャガウ.2014.第 24回日本熱帯生態学会年次大会 (宇都宮大学・2014年6月14日)の要旨掲載.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物山中潤.2015.「稲の力を借りた祈祷」『アジア・アフリカ地域研究情報マガジン』1​49.
5.短報・翻訳・書評・その他出版物師田史子.2016.The Practice of Making a Fortune at a Stroke in a Coconuts Cultivating Village of Mindanao: A Tentative Assumption on the Enthusiasm for Yamashita Treasure and Lotto. Proceedings of The 11th Japan-Korea-China Joint Conference on Geography, pp. 30-32.
5.短報・翻訳・書評・その他出版物師田史子.2017.「ミンダナオ島・ココヤシ栽培農村における一攫千金のプラクティス―「山下財宝」と「ロト」への熱狂をめぐる試論」『第21回フィリピン研究会全国フォーラム抄録集』pp. 28-29.
5.短報・翻訳・書評・その他出版物師田史子.2017.「不確実性を読み替える賭博の実践―ミンダナオにおける「賭ける社会空間」の生成と持続」『第22回フィリピン研究会全国フォーラム抄録集』pp. 13-15.
5.短報・翻訳・書評・その他出版物師田史子.2018.「「山下財宝」に憑りつかれる人々」『アジア・アフリカ地域研究』18(1): 86-89.
5.短報・翻訳・書評・その他出版物師田史子.2018.「「賭け」が織り成す意味実践―現代フィリピンにおける賭博の実践から」『日本文化人類学会第52回研究大会発表要旨集』、p. 78.
5.短報・翻訳・書評・その他出版物師田史子.2018.「ミンダナオ島の闘鶏から呪術的実践を考える」『第23回フィリピン研究会全国フォーラム抄録集』p. 33.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物守沖彩;竹田晋也;Vipak JINTANA;Nittaya MIANMIT.2016.「サトウヤシ果実の過剰採取抑制要因の検討―タイ北部ナーン県S村の事例から」Tropical Agriculture and Development 60(3): 208.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物小坂康之;古橋牧子;Lamphoune Xayvongsa.2017.「ラオスにおける水田草本植物とその利用」『熱帯農業研究』(日本熱帯農業学会)10(2): 45-46.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物小西鉄.2011.「増原綾子『スハルト体制のインドネシア―個人支配の変容と一九九八年政変』,2010,332p.」『東南アジア研究』48(4): 467-470.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物小田なら.2010.「ハノイのスキニージーンズとサンタクロース(フィールドワーク便り)」『アジア・アフリカ地域研究情報マガジン』85.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物小田なら.2010.「ベトナム近現代史における『伝統医学』」『日本医史学雑誌』56(2): 191.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物小田なら.2013.「フランス領インドシナのベトナム北部における『産婆』の活用」『日本医史学雑誌』59(2): 183.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物小田なら.2013.「信じる者は救われる?」『アジア・アフリカ地域研究』12(2): 300-304.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物小田なら.2014. ”Ba Mu” in the Northern Vietnam in French Colonial Era. 『The Fifth International Conference on The History of Medicine in Southeast Asia(HOMSEA)”抄録集』、p. 59.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物小田なら.2014. 「ベトナム南北分断期(1954~75年)南北ベトナムにおける伝統医学の制度化」『日本医史学雑誌』60(2): 207.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物松岡佐知.2013.「グローバル生存学履修生の紹介」(日英両バージョン)『GSS News Letter』3(グローバル生存学連携大学院): 10.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物松岡佐知.2014.『メルマガ写真館 男の真剣勝負」『アジア・アフリカ地域研究情報マガジン』2014年5月.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物松岡佐知.2015.「目覚めた人が瞑想しつづける理由(フィールドワーク便り)」『アジア・アフリカ地域研究』.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物水野久仁香.2015.「失われつつある居住地(カンポン)とそこに生きる人々(フィールドワーク便り)」『アジア・アフリカ地域研究』15(1): 154-157.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物水澤純人.2007.「エビを尋ねて何処までも―バングラデシュ南西部エビ養殖紀行(南アジア地誌辞典・第131回)」『インド通信』.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物水澤純人.2014.「イスラーム地域研究第4回国際会議・プレナリーセッション3:―Legalized Islamic Parties in Domestic and Global Context」『イスラーム地域研究ジャーナル』6: 75-76.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物水澤純人.2014.「私の一枚(136) ラホールの忘れ難きとこ」『会報 パーキスターン』252: 16.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物水澤純人.2014.「日本人奨学生便り」『みずほ国際交流奨学財団機関誌[夢]』23: 6.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物水澤純人.2015.「故地の文化がいきる街カラチ」『アジアアフリカ地域研究・情報マガジン』144.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物水澤純人.2015.「職人の街・チニュートを訪れて」『会報パーキスターン』255: 10-16.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物水澤純人.2015.「歴史と信仰の世界から学ぶ―パキスタン留学体験記」『みずほ国際交流奨学財団機関誌[夢]』24: 19-20.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物西島薫.2014. 「親族呼称と調査者」『アジア・アフリカ地域研究マガジン』128.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物西島薫.2016. 「仮面の奥」『アジア・アフリカ地域研究情報マガジン』152.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物西嶋薫.2014.「親族呼称と調査者」『アジア・アフリカ地域研究情報マガジン』 128.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物西尾善太.2015.「新刊紹介 『世界の手触り―フィールド哲学入門』」『社会人類学年報』41: 163-165.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物西渕光昭;伊吹謙太郎;益田岳;佐藤惠子;Chanditha Hapuarachchi.2015.「世界的大流行の兆しを見せるデング熱の検査法の開発と現況調査」『生存基盤科学研究ユニットニューズレター』19-20.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物西渕光昭;伊吹謙太郎;益田岳;佐藤惠子;Chanditha Hapuarachchi.2015.「世界的大流行の兆しを見せるデング熱の検査法の開発と現況調査」『生存基盤科学研究ユニット研究成果報告書 = ISS report (6):2014・15年度』、pp. 33-36.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物川中薫.「Horn Please(フィールドだより)」『アジア・アフリカ地域研究情報マガジン』3月号.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物川中薫.2012.「ジュガード・ソリューション―場当たり的のような、ひとつの知恵のような、思い込みを取っ払う言葉」『アジア・アフリカ地域研究』12(2): 304-307.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物竹口美久.2013.「残留か帰国か―2011年代洪水が外国人労働者に与えた影響」『2011年タイ洪水が映すタイ社会―災害対応から考える社会のかたち』(CIAS Discussion Paper No. 31).
4.短報・翻訳・書評・その他出版物竹口美久.2014.「タイの外国人労働者(1)誰なのか、どこにいるのか」『タイ国情報』2014年5月号.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物竹口美久.2014.「タイの外国人労働者(2)反政府集会と危険な『外国人』たち-カンボジア人大脱出」『タイ国情報』2014年7月号.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物竹口美久.2014.「タイの外国人労働者(3)外国人のしごと」『タイ国情報』2014年9月号
4.短報・翻訳・書評・その他出版物竹口美久.2014.「タイの外国人労働者(4)外国人を雇用するには」『タイ国情報』2014年11月号.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物竹口美久.2015. 「書評 野津隆志著『タイにおける外国人児童の教育と人権―グローバル教育支援ネットワークの課題』(ブックウェイ、2014年)」『年報タイ研究』15: 81-86.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物中野真備.2016.「海は道、空は地図」『アジア・アフリカ地域研究』16(2): 206.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物中野真備.2017.「地域に生きる人びと―水俣病をとりまく『立場』の難しさ」『創発』(次世代型アジア・アフリカ教育研究センター)2016年: 115-116.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物中野真備.2018.「『漂海民』バジャウの伝統的航海術に基づく海域ネットワーク形成―東インドネシアのバジャウ集落群の経験知を中心として」『臨地』(次世代型アジア・アフリカ教育研究センター)2017年: 168-170.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物中野真備.2018.「サマ人漁師たちの認知地図」『まほら』95: 60.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物中野真備.2019.「インドネシア・バンガイ諸島のサマ人の漁撈における天体利用」『じんるいけんブックレット』名古屋:南山大学人類学研究所
4.短報・翻訳・書評・その他出版物日向伸介.2009.「ダムロン親王略歴―近代タイにおける王権の拡大を担った行政官・歴史家の軌跡」『バンコク日本人商工会議所所報』(盤谷日本人商工会議所)572: 18-23.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物日向伸介.2010.「タイ,混乱の最中から」『アジア・アフリカ地域研究』(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)10(1): 89-93.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物日向伸介.2011.「『大王』とタイ・ナショナリズム」『バンコク日本人商工会議所所報』(盤谷日本人商工会議所)594: 27-33.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物日向伸介.2013.「タイ王国・1932年立憲革命と有力王族の亡命」『アジ研ワールドトレンド』(アジア経済研究所)209: 20-23.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物日向伸介.2013.「近代タイにおける史蹟と王権―1910~20 年代の王立寺院制度と仏教史叙述に着目して」『東南アジア学会会報』99: 17.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物日向伸介.2012.「バンコク国立博物館のコレクション形成史に関する研究:内務省を中心として」2011年度GCOE大学院派遣報告書.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物白石華子.2018.「バーンチエンー世界遺産として,地域のシンボルとして」『アジア・アフリカ地域研究』17(2): 303-307.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物白石華子.2018.「仏像作り見聞録―タイ・ロッブリーのある村で」『アジア・アフリカ地域研究情報マガジン』175.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物白石奈津子. 2013. 「開発問題と貧困 貧困とは何か? : 開発研究における貧者=当事者 とシステム」『農業と経済』79(8): 106-109, 112.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物白石奈津子. 2014. 「世界の農家/農場から 家族を営む農業-フィリピン東ミンドロ州 の自給稲作農家」『農業と経済』80(11): 94-95.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物北澤直宏.2014.「書評 黄蘊(編)『往還する親密姓と公共性-東南アジアの宗教・社会組織にみるアイデンティティと生存』(京都大学学術出版会,2014年)」『東南アジア研究』52(2): 128-130.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物北澤直宏.2015.「ベトナムの政教関係―戦争と社会主義の下で」『アジアの社会参加仏教』櫻井義秀・外川昌彦・矢野秀武(編)、北海道大学出版会、pp. 273-283.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物堀江未央.2013.Jianxiong Ma. The Lahu Minority in Southwest China: A Response to Ethnic Marginalization on the Frontier. Oxon: Routledge, 2013. Southeast Asian Studies 2(3):629-633.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物堀江未央.2014.「書評 クリスチャン・ダニエルス編『東南アジア大陸部―山地民の歴史と文化』言叢社, 2014年」『アジア・アフリカ地域研究』14(1): 138-142.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物木戸みなみ.2018.「ある山奥の村で」『アジア・アフリカ地域研究情報マガジン』179.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物木戸みなみ.2018.「国境を越えて学ぶ、働く―タイ、メーソットで出会った移民たち」『アジア・アフリカ地域研究』17(2): 323-326.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物友尻大幹.2016.「タイ国チャオプラヤ川下流域における住民による外来カワスズメ科魚類の利用」『第27回熱帯生態学会年次大会要旨集』、pp. 149-152.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物友尻大幹.2016.「地元文化に入り込んだ外来種(フィールド便り)」『アジア・アフリカ地域研究情報マガジン』.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物友尻大幹.2017.「タイ人と魚の距離感から考える生物多様性(フィールドワーク便り)」『アジア・アフリカ地域研究』17(1): 149-152.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物李美智.2012. 「交錯するアジアの「ソフトパワー」共通論題,韓国メディア・コンテンツの国外展開―ベトナムとタイを事例に」『2012年5月19日アジア政経学会東日本大会発表要旨』.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物林育生.2013. (Review) ‘Detours to Paradise (Sincerely Yours)’ by Rich Lee (Director). Kyoto Review of Southeast Asia 13 (Online Journal) http://kyotoreview.org/2013/03/issue-13/
4.短報・翻訳・書評・その他出版物林育生.2014.「書評] 桜井義秀編 2013 『タイ上座仏教と社会的包摂―ソーシャル・キャピタルとしての宗教』『東南アジア研究』52(1): 125-128.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物林育生.2014.「書評 櫻井義秀(編著)『タイ上座仏教と社会的包摂―ソーシャル・キャピタルとしての宗教』」『東南アジア研究』52(1): 125-128.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物林育生.2015.「メルマガ写真館―神の交差点」『アジア・アフリカ地域研究情報マガジン』146.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物林育生.2015.「書評 黄蘊(著)『東南アジアの華人教団と扶鸞信仰―徳教の展開とネットワーク化』」『東南アジア 歴史と文化』44: 216-221.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物林育生.2015.「神的十字路口―曼谷拉差?頌的四面佛與?神們」『VisionThai看見泰國』2015年7月号: 14-24.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物鈴木愛.2013. 「カンボジアの森林保護区滞在記東南アジア(フィールドワーク便り)』 『アジア・アフリカ地域研究』13(1): 73-76.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物依田ひかり.2020.「美人コンテストの舞台裏と「ミス」たちのその後」『アジア・アフリカ地域研究』19(2).
4.短報・翻訳・書評・その他出版物和田理寛.2014.「少数言語の次世代 ―タイで出会ったモン語の若い担い手(フィールドワーク便り)」『アジア・アフリカ地域研究』14(1): 150-153.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物廣瀬崇幹.2012.「地域研究のためのフィールド活用型現地語教育」『平成24年度派遣報告書―インドネシア共和国・ハサヌディン大学 インドネシア語 (7.15 - 10.15)―』京都大学、10月.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物廣瀬崇幹.2013.「GSS本科生紹介」『グローバル生存学ユニットニュースレター2号』京都大学、2月.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物廣瀬崇幹.2014.「インドネシア 調査の手続きとその事例集(地域変動論講座ホームページ)」『インドネシア/東ヌサ・テンガラ州ライジュア島での調査のための手続き』京都大学.[/asia/chiiki/PDF/hirose.pdf]
4.短報・翻訳・書評・その他出版物廣瀬崇幹.2014.「インドネシア東部のパルミラヤシに依存する社会における乾季の生存戦略―生業・栄養・社会の分析から」『生態人類学会ニュースレター』20号.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物櫻田智恵.2010.「タイ・イサーン地方の地域史資料の収集、及びプレア・ヴィヒア遺跡の周辺環境調査」『現地拠点活用による協働型地域研究者養成―地域研究のインタラクティビティ(双方向性)推進に向けて 平成22年度現地調査支援報告書』1、 「現地拠点活用による協働型地域研究者養成」プログラム事務局・上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科地域研究専攻、pp. 23-26.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物櫻田智恵.2011.「プミポン国王とその一家による声明文、及び国内行幸啓に関する資料の収集」『現地拠点活用による協働型地域研究者養成―地域研究のインタラクティビティ(双方向性)推進に向けて 平成22年度現地調査支援報告書』2、「現地拠点活用による協働型地域研究者養成」プログラム事務局・上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科地域研究専攻、pp. 23-26.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物櫻田智恵.2012.「タイ国王プーミポンによる地方行幸の実態とその役割」『東南アジア学会会報』第87回研究大会報告要旨、p. 12.
4.短報・翻訳・書評・その他出版物櫻田智恵.2014.「フィールドワーク便り 出家式―近所付き合いの確認の場」『アジア・アフリカ地域研究』13(2): 314-318.

学生の業績(口頭発表)

業績種別内容
1.国際会議・シンポジウム二重作和代, "Reconstruction and Transformation of Regional Culture Through Tourism: The case of Bangka Belitung Province", The 1st International Conference on Democratisation in Southeast Asia (ICDeSA), Serang, Indonesia, 4-5 September 2019.
1.国際会議・シンポジウム中野真備, "Astronomical Technology in Subsistence: Practices in Outer-sea Fishing of Sama-Bajau People in Banggai Islands, Indonesia", International Symposium ”Calendars used in Asia, Oceania, Mexico, and Andes” , 南山大学, 2020年3月14日.
1.国際会議・シンポジウム中野真備, "Outer Sea Fishing and Sea-space Cognition of Sama-Bajau People in Banggai Islands, Central Sulawesi, Indonesia", International Conference on Environmental Science & Sustainable Development (ICESSD)
in Environmental Science and Sustainable Development, Jakarta, Indonesia, 23 October 2019.
1.国際会議・シンポジウムYoshimi Sugino, Triana Hertiani, Katrin Roosit, "Roles of the Traditional Indonesian Herbal Treatment Jamu in Local Communities: Health Promotion, Disease Prevention, and Women’s Quality of Life", ICPAPS(International Conference on Pharmacy and Advanced Pharmaceutical Science ) 2019 & ASEAN PharmaNET 2019, Yogyakarta, Indonesia, 15 November 2019.
1.国際会議・シンポジウムAsuna Yoshizawa, "Everyday Inter-Religious Negotiation between Muslims and Christians in Southern Philippines: Conversions and Intermarriages", SEASIA Biennial Conference 2019, Taipei, Taiwan, 6 December 2019.
1.国際会議・シンポジウムAsuna Yoshizawa, "Arts of Everyday Cohabitation between Muslims and Christians in the Southern Philippines: Conversions and Intermarriages", The 24th Young Scholars Conference on Philippine Studies in Japan, Nagoya, 23 July 2019.
1.国際会議・シンポジウム加反真帆, "Survival Strategies of Local People in a Large-scale Peat Fire Area in Riau, Indonesia", International Conference On Enviromental Science and Sustainable Development, Jakarta, Indonesia, 22-23 October 2019.
1.国際会議・シンポジウムThel Phyu Phyu Soe, "Livelihood Transition and Its Influence on Community Forest Management in Nyaung Shwe Township, Myanamar", 25th Annual International Society for Tropical Foresters (ISTF) Conference, Connecticut, USA, 31 January - 2 February 2019.
1.国際会議・シンポジウムRuriana Nafilah Anggraini, "The Case of Eviction in Kampung Akuarium", SEASIA Biennial Conference 2019, Taipei, Taiwan, 7 December 2019.
1.国際会議・シンポジウムAmith Phetsada, "Hydropower Development and Its Impact on Local Communities in Laos: A Case Study of HatKhip Village Relating to Nam Ou 2 Hydropower Project", The Sixth International Conference on Lao Studies, Cornell Univerity, USA, 13-15 June 2019.
1.国際会議・シンポジウムAmith Phetsada, "Hydropower Development and Its Impact on Local Communities in Laos: A Case Study of HatKhip Village Relating to Nam Ou 2 Hydropower Project", Joint Seminar on Multi-Inter-Trans disciplinary in Environmental Science and Sustainable Development, 26 February, 2019.
1.国際会議・シンポジウム久納源太, "Securing Daily Flows in Contemporary Jakarta: Micro-Politics of Portals in Residential Areas", 1st Internatonal Coference on Democratisation in Southeast Asia, Banten, Indonesia, 4 September 2019.
1.国際会議・シンポジウム久納源太, "Connection behind Segregated Security Zones: Everyday Politics Surrounding the Gates in Jakarta", 2019 SPAS Grad Student Conference, Hawaii, USA, 11 April 2019.
1.国際会議・シンポジウム久納源太, "Reactivation of Repressive Role of Community in Jakarta? Rises of Forum RT/RW SeDKI Jakarta and Forum Kewaspadaan Dini Masyarakat (FKDM)", Joint Seminar on Multi-Inter-Trans disciplinary in Environmental Science and
Sustainable Development, Kyoto, 26 February 2019.
1.国際会議・シンポジウム久納源太, "Transformation of Night Watch in Jakarta: Gating as Spontaneous Manipulation of Nocturnal Space of Communities", The 4th Asian Coference on Geography, 広州, 中華人民共和国, 14 November 2018.
1.国際会議・シンポジウム久納源太, Yoseph Wihartono, "Refonfiguring Post-Ahok Populism, Post-Truth, and Cyberspace in Indonesia", 4th International Conferenec on Contemporary Social and Politcal Affair, Surabaya, Indonesia, 13 August 2018.
1.国際会議・シンポジウムSomvixay CHANTHAVONG, "Corporate Finance in Lao PDR", SEASIA Biennial Conference 2019, Taipei, Taiwan, 6 December 2019.
1.国際会議・シンポジウムSomvixay CHANTHAVONG, "Stock Exchange Development in Socialist Countries: Case Study from Socialist Republic of Vietnam, and Lao People's Democratic Republic", Third International Conference on Multidiscriplinary Contemporary Research 2019, Genting Highlands, Malaysia, 24 February 2019.
1.国際会議・シンポジウムSomvixay CHANTHAVONG, "Stock Market Development in Least Developed Country, But Fast Economic Growth: A Case Study of Lao PDR", International Symposium on Education and Social Sciences, Okinawa, Japan, 28 June 2018.
1.国際会議・シンポジウムKatrina NAVALLO, "What Does It Take to Care for Strangers? Body, Intimacy and Elderly Care in the Experience of Filipino Care Workers in Japanese Nursing Homes", Love’s Labour’s Cost: Asian Migration, Intimate Labor, and the Politics of Gender Conference organized by the Asia Research Institute, National University of Singapore, and the Center for Global Social Policy University of Toronto, National University of Singapore, Singapore, 3-4 December 2018.
1.国際会議・シンポジウムKatrina NAVALLO, "Filipino Care Workers in Japan: Transforming Intimacies and Caring Practices in Japanese Intimate Sphere", 2018 Philippine Studies Conference in Japan, University of Hiroshima, 17-18 November, 2018.
1.国際会議・シンポジウムKatrina NAVALLO, "Caring Bodies in Mobility: The Appropriation of the Caring Labours of Filipinos in Japanese Elderly Care Settings", 2nd Kyoto University-University of Hamburg International Conference in Kyoto University, Kyoto University, 9-11 October 2018.
1.国際会議・シンポジウムKatrina NAVALLO, "Filipino Care Workers in Japan: Transforming Intimacies and Caring Practices in Japanese Intimate Sphere", International Conference on Frontiers in Japanese Studies organized by the Asia Institute, University of Melbourne and The Japan Foundation, University of Melbourne, Australia, 17-19 September 2018.
1.国際会議・シンポジウムKritdikorn Wongswangpanich, "Origin of Terror: The Paradoxes of Human Nature and the Understanding of Self", International Conference on International Relations and Development, Thammasart University, 6 April 2017.
1.国際会議・シンポジウムHanako SHIRAISHI, "A Study for Archaeological Activities in Thailand: From the Perspective of Site-Conservation", Young Scholars International Workshop on Transdisciplinary Approaches to Asian and African Area Studies 2018, Kyoto University, 15 January 2018.
1.国際会議・シンポジウムValentin NOBLE, "From OVOP to OTOP: A Critical Policy Study", 11th Conference of the Asian Political and International Studies Association, Thailand, 21 October 2017.
1.国際会議・シンポジウムValentin NOBLE, "From OVOP to OTOP and beyond: Local development policies, rural empowerment politics and political leadership in Asia-Pacific", The Tenth International Convention of Asia Scholars, Thailand, 23 July 2017.
1.国際会議・シンポジウムHuang Jie, "The Legend and Practice of Fengshui Related to Migration and Tourism Policy: A Case Study on Dong Minority in Guangxi, China", International Conference on Future of the Past: Tourism and Cultural Heritage in Asia, Kyoto, 7-8 August 2018.
1.国際会議・シンポジウムHuang Jie, "‘senl’ As a Folk Concept of Social-ecological System: A Study on Local Texts of Kuant among Dong Villages in Southwest China", The second ASLE-ASEAN Conference, Ecologies in Southeast Asian Literatures: Histories, Myths, Societies, Hanoi, Vietnam , 26-27 January 2018.
1.国際会議・シンポジウムHuang Jie, "‘senl’ Concept and Village Society: kuant Organization among Dong (Kam) People at the Boundary of Guangxi and Hunan", International Conference on Southeast Asian Studies: Borders, Boundaries and Beyond, Kaohsiung, Taiwan, 26-27 October 2017.
1.国際会議・シンポジウムHuang Jie, "Sinicization and Ethnicity: An Inspection on the Cultural Theory of bux lagx by the Elite of Dong People", 2017 Annual Conference of the Taiwan Society for Anthropology and Ethnology, Taipei, Taiwan, 21-22 October 2017.
1.国際会議・シンポジウムDheny Trie Wahyu Sampurno, "Spatial Assessment of Peat Landscape Degradation and the Impact to Small-Scale Livelihood", Joint Symposium on Tropical Peatland Restoration, Jakarta, Indonesia, 22 February 2018.
1.国際会議・シンポジウムDheny Trie Wahyu Sampurno, "One Map Policy as National Priority Fundamental Development and its implementation", International Workshop "Dilemmas of One Map Policy and Participatory Mapping in Indonesia", Kyoto University, 7 August 2017.
1.国際会議・シンポジウムNoémi-Tiina Dupertuis, "Livelihood Problems of Shifting Cultivators in Southern Chin State, Myanmar", International Conference on Resilient Hindu Kush Himalaya, ICIMOD, Kathmandu, Nepal, 5 December 2017.
1.国際会議・シンポジウムNoémi-Tiina Dupertuis, "Understanding the Intricacies of Local Identity, Livelihoods and Economic Development: the Case of Chins in Kanpetlet", Bi-annual seminar at Yangon University, Department of Anthropology, Yangon, Myanmar, 11 December 2018.
1.国際会議・シンポジウム土谷ちひろ, "Socio-Environmental Risk Factors Associated with Obesity in the Capital, the Solomon Islands", 5th Asia Pacific Conference on Public Health, マレーシア, 2017年9月10日.
1.国際会議・シンポジウムFumiko Morora, ““The Pachinko Tribe” in Japan: Considering the Relations between Gambling and Reciprocity”, The 9th Annual CUHK Anthropology Postgraduate Student Forum, Chinese University of Hong Kong, Hong Kong, 20 January 2017.
1.国際会議・シンポジウムFumiko Morota, “Diskarte of People Living between Market Economy and Traditional Relationship:
A Case of a Coconut Cultivating Village in Mindanao, Philippines”, Young Scholars Workshop on Area Study Approaches to Natural Resources and Environmental Conservation 2017. University of Forestry, Myanmar, 9 January 2017.
1.国際会議・シンポジウムFumiko Morota, “The Practice of Making a Fortune at a Stroke in a Coconuts Cultivating Village of Mindanao: A Tentative Assumption on the Enthusiasm for Yamashita Treasure and Lotto”, The 11th Japan-Korea-China Joint Conference on Geography, New Otani Inn Sapporo, 12 September 2016.
1.国際会議・シンポジウム大村雪香 , "Yaya-alaga Relationship: An Alternative Way of Family", 10th International Conference on Philippine Studies ?Re-imagining Community ・ Scholarship ・ Citizenship, Silliman University, Dumaguete City, Philippines, 2016 年 7 月 6 日.
1.国際会議・シンポジウムNguyen Thi Le, "Homebirth among ethnic minorities in mountainous regions inVietnam: Discourses and Realities – A case study of one Hmong village in Dong van", Young Scholars International Workshop, Kyoto University, January 11 2017.
1.国際会議・シンポジウムSabine CHOSHEN, "Japanese Assistance in Heritage Preservation and Tourism Development in the ancient villages in Vietnam", Heritage as Aid and Diplomacy, Leiden University, the Netherlands, 28 May 2016.
1.国際会議・シンポジウム白石華子, "Archaeology Education in Thailand", 国際研究会・シンポジウム「メコンがつなぐ文化多様性 −東南アジア文化遺産研究の現在−」, 東京都, 23-25 January, 2020.
1.国際会議・シンポジウム白石華子, "Archaeology and Tourism: A Case Study of Thailand", International Conference on Future of the Past: Tourism and Cultural Heritage in Asia, Kyoto, 8 August 2018.
1.国際会議・シンポジウムShiraishi, N., "Intimacy and tension: The sense of Identity in Social Relationship in Mindoro Society", The Third World Studies Center in its 40th year International Conference, University of the Philippines, February 2017.
1.国際会議・シンポジウムShiraishi, N., "The Struggle of Social Power Relationship: “Human Dignity” in Lowland Culture and Society in Oriental Mindoro, Philippines", The 11th Japan-Korea-China Joint Conference on Geography, Hotel Okura Sapporo, September 2016.
1.国際会議・シンポジウムShiraishi, N., "The Struggle of Social Positioning: Human Dignity in Lowland Culture and Society in Oriental Mindoro", The 10th International Conference on Philippine Studies, Silliman Univevrsity, July 2016.
1.国際会議・シンポジウムZenta Nishio, "Urban Transformation in Disaster Management: A Case of Segregation Extension and Social Strata Reorganization in Metro Manila", 10th International Conference on Philippine Studies, Silliman University, Philippines, 6-8 July 2016.
1.国際会議・シンポジウム金悠進, “Rage Against the Music Bill: Behind the 'Democratic Solidarity' in Indonesia", SEASIA Biennial Conference 2019, Taipei, Taiwan, 5 December 2019.
1.国際会議・シンポジウム金悠進, “The Rise of an Outsider in Bandung Creative City”, 2016 Annual Conference of Southeast Asian Studies in Taiwan, 22-23 September 2016.
1.国際会議・シンポジウム金悠進 , "Urban Cultural and Political Transformation in Bandung Creative City, Indonesia" ,第 11 回日中韓地理学会,ホテルニューオータニイン札幌, 2016 年 9 月 11 -14 日(査読有).
1.国際会議・シンポジウム西島薫, "Ritual Transformation of the Ulu Aik King in West Kalimantan", Borneo Research Council 2016 Conference, University of Mulawarman, 2016年9月19-21日(査読有).
1.国際会議・シンポジウム西島薫, "Revitalization of Two Kingships in Ketapang, West Kalimantan", Reconsidering Ethnography in Area Studies: From Local Practice to Wider Network, Hasanuddin University, Indonesia, 10 March 2015.
1.国際会議・シンポジウム芦宛雪, "The Effects of Foreign Entry on Thai Domestic Banking Sector from 1999 to 2014", SEASIA 2017 Conference, Bangkok, Thailand, 17 December 2017.
1.国際会議・シンポジウム芦宛雪, "The Effect of Foreign Entry and Ownership Structure on Thai Banking Sector", 2017 CSEAS-CSEAS Workshop of Young Scholar on Southeast Asian Studies, Taipei, Taiwan, 26 November 2017.
1.国際会議・シンポジウム芦宛雪, "The Effects of Foreign Bank Entry on Thai Domestic Banking Sector : with Reference to the Pattern of Foreign Entry", The 15th International Convention of the East Asian Economic Association, Bandung, Indonesia, 5 November 2016.
1.国際会議・シンポジウムSai Akira, "Cultural Differences in Body image Perceptions of College-age Males and Females in Malaysia", HUST & KU International Symposium on the Education & Research of the Global Environmental, Hanoi, Vietnam, 31 October 2017.
1.国際会議・シンポジウムSai Akira and Kaur N, "Body Image Perception and Obesity Among College Students in West/east Malaysia", International Congress for Tropical Medicine and Malaria, Australia, 18-22 September 2016.
1.国際会議・シンポジウムThinn Thinn and Shinya Takeda, "Participatory Land Use Mapping in a mangrove forest: A case study in the Kadonkani Reserved Forest of the Ayeyarwady Delta, Myanmar", International Workshop on “Managing Natural Resources towards Sustainable Livelihoods Development”, Kasetsart University, Thailand, 14 February 2015.
1.国際会議・シンポジウム岡田夏樹, "Migration of rural people from a village of Ayeyarwady Delta: a case study of livelihoods strategy", Exploring desirable paths of agriculture and rural development in Asia: Prospects and strategies for trans-disciplinary challenges, Phnom Penh, Cambodia, 20-22 February, 2018.
1.国際会議・シンポジウム岡田夏樹, "The current situation in the rural area of Ayeyarwady delta and approaches to rural development- A case study of Oakpo village in Ayeyarwardy region", A Way for Myanmar Rural Development: GNH and Alternative Approaches for Rural Development Issues by higher educational and research institutions, Yangon, Myanmar, 16-17 January, 2018.
1.国際会議・シンポジウム岡田夏樹, "Transformation of Livelihood and Migration in Mangrove Area of Ayeyarwady Delta: A Case Study of Oakpo Kwinchaung", Myanmar Way of Agricultural and Rural Development (MWARD): Considering the approach of GNH of Bhutan Way and Cultural, History; Tradition (CHT) for Sustainable Development in Myanmar, Nay Pyi Taw, Myanmar, 6 January 2016.
1.国際会議・シンポジウム水澤純人, "Historical Formation of Muslim Civil Society in British Punjab: A Case Study of An̲juman-e-Ḥimāyat-e-Islām Lāhaur in the 1880s", Young Scholars International Workshop: Transdisciplinary Approaches to Asian And African Area Studies, Kyoto University, 16 January 2017.
1.国際会議・シンポジウム水澤純人, "Pedagogy for a “New Muslim Community”: A Case Study of An̲juman Ḥimāyat-e Islām in the Nineteenth-Century Punjab of British India", 第5回イスラーム地域研究国際会議, 上智大学, 2015年9月12日.
1.国際会議・シンポジウムKunika Mizuno, "The Transformation of Urban Development Method in Yogyakarta City: A Case Study of Chode Riverside", Celebrating 20 Years of SEASREP and Southeast Asian Studies, University of Gadjah Mada, Yogyakarta, Indonesia, 4-5 November 2015.
1.国際会議・シンポジウムNaoko Goto, “The Bottom-up Activities of farmer’s group in Indonesia: A Case Study at Pemalang district, Central Java”, International Society for Southeast Asian Agricultural Sciences (ISSAAS), Tokyo University of Agriculture, 7-9 November 2015.
1.国際会議・シンポジウム守沖彩, "Field research on sustainable forest management through the utilization of Arenga westerhoutii Griff. in Thailand", KU-COSER International Workshop on Next-Generation Asian and African Area Studies, Kyoto University, 16 July 2015.
1.国際会議・シンポジウムWORRAKITTIMALEE Thawatchai, “Politicization of Local Government in Northeastern Thailand after Thaksin Administration”, Workshop on Theories and Methods of International Studies (IIX), Thailand and Indochinese Counterparts Revisited: Governance, Social Networks and China Factors at National Chengchi University, Taipei, Taiwan, 3-4 September 2015.
1.国際会議・シンポジウムWORRAKITTIMALEE Thawatchai, "Party Politics or Networked Politics?: The Transition of Local Politics in Northeastern Thailand", The 9th International Convention of Asia Scholars (ICAS9), Adelaide, Australia, 5-9 July 2015.
1.国際会議・シンポジウムEi and Shinya Takeda, "Teak Plantations as a Tool for Rehabilitating Degraded Mixed Deciduous Forests", International Workshop on Managing Natural Resources towards Sustainable Livelihoods Development, Kasetsart University, Bangkok, Thailand, 14-17 February 2015.
1.国際会議・シンポジウムEi and Shinya Takeda, "The Local Particularity of the Livelihoods of Taungya Participants in the Teak Plantations in the Bago Mountains, Myanmar", The 24th World Congress of the International Union of Forest Research Organizations (IUFRO), Salt Lake City, Utah, USA. 5-11 October, 2014.
1.国際会議・シンポジウムWorrakittimalee Thawatchai, "The Adoption of New Local Management Method in Thailand through Japanese Experience", International Seminar on Thai Studies in the East Wind, Chiang Mai, Thailand, 23-25 August 2013.
1.国際会議・シンポジウム梶田諒介, "Comparison of historical earthquake data in Indonesia from 1900 to 1960", The 329th Symposium on Sustainable Humanosphere - The 6th International Symposium for Sustainable Humanosphere , Bogor, Indonesia, 16 November 2016(査読無).
1.国際会議・シンポジウム梶田諒介, "Earthquake in Indonesia 1500-1940: Using the historical materials in the reconstruction of old data", Disasters in History: Philippine Studies, Ateneo de Manila University, 24-25 October 2014(査読無).
1.国際会議・シンポジウムNaoko Goto, "Japanese Community –Based Farming (shurakueino): A Perspective for Empowerment of Indonesian Farmer`s Group", Rural Sociology International Conference : Rural Transformation of Globalization Era, IPB International Convention Center, Bogor, Indonesia, 23-24 October 2014 (査読有)
1.国際会議・シンポジウムNaoko Goto, "Agricultural and Rural Development through Farmer`s Organization in Pemalang, Central Java", Seminar of Sajogyo Institute, Sajogyo Institute, Bogor, Indonesia, 12 December 2014 (査読有).
1.国際会議・シンポジウムNaoko Goto, "Agricultural and Rural Development through Farmer`s Organization in Pemalang, Central Java: From the case of Desa Wonogiri and Pesantren", Seminar of PSP3-IPB. Center for Agricultural and Rural Development, Bogor Agricultural University, Bogor, Indonesa, 23 December 2014 (査読有).
1.国際会議・シンポジウムSATO Wakana, “Transference of women and Miao's ethnic costumes between the natal and marital families in Guizhou province, China”, JSPS Asian Core Program Final Workshop Asian Connections: Southeast Asian Model for Co-Existence in the 21st Century, Kyoto University 11 February 2014.
1.国際会議・シンポジウム小田なら, ”'Ba Mu' in the Northern Vietnam in French Colonial Era", The Fifth International Conference on The History of Medicine in Southeast Asia (HOMSEA) アテネオ・デ・マニラ大学, the Philippines, 9-11 January 2014(査読有).
1.国際会議・シンポジウム西尾善太, “Urban poverty and Disaster: A case study of an evacuation center in Metro Manila, Philippines”, The 9th KOREA-CHINA-JAPAN JOINT CONFERENCE ON GEOGRAPHY, 釜山, 2014年7月8日 (査読無).
1.国際会議・シンポジウム西尾善太, “How does disaster uproot the livelihood of squatter communities?: A case study of an evacuation center in Metro Manila, Philippines”, Disaster in History , マニラ, 2014年10月24日(査読無).
1.国際会議・シンポジウムMiku Takeguchi, "Guests or Citizens: Dilemma of CLM Migrant Workers in Thailand", International Workshop on Theories and Methods of International Studies (IIX): Thailand and Indochinese Counterparts Revisited, Institute of International Relations, National Cheng Chi University, Taiwan, 4 September 2015.
1.国際会議・シンポジウムMiku Takeguchi, "Immigrant home, Imminent 'home': Migrant workers and their children from CLM countries in Thailand", The 9th International Convention of Asian Scholars, Adelaide Convention Center, Australia, 5-9 July 2015.
1.国際会議・シンポジウムMiku Takeguchi, "Inclusion and/or Exclusion of “Aliens” in a Modern State; A Case Study of CLM Workers and Their Families in Thailand", CSEAS International Workshop ‘Reconsideration on the Historical and Contemporary Land-route Connection between South Asia and South East Asia’, Center for Southeast Asian Studies, Kyoto University, 8-9 March 2014.
1.国際会議・シンポジウムIIDA Reiko, “Culture that Mediate: Popularization of Tamāśā in Western India” on 50th International Union of Anthropological and Ethnological Science(IUAES), University of Metropolitan, Japan, 15-18 May 2014(査読有).
1.国際会議・シンポジウムMio Horie, “Moving Soul, Moving Person: Marriage Migration and Belonging among Lahu in Southwest China” in The East Asia Anthropological Association Conference: The Future of East Asia and Public Anthropology, The panel “China's Ethnic Minorities in the Globalized Era”, YeungNam University, Korea. 14 November, 2014.
1.国際会議・シンポジウムMio Horie, “Moving Soul, Moving Person: Migration and Belonging among Lahu in Southwest China”, in Plural Coexistence and Sustainable Development with the 2014 theme ‘Southeast Asian Studies in Asian towards Sustainable Development’, Yunnan Academy of Social Sciences, Institute of Southeast Asian Studies, Yunnan Academy of Social Sciences, 6 March 2014.
1.国際会議・シンポジウム林育生 , "Migrant Religion, Localized New Religion, or a Transnational Religion? – The Transformation of Yiguan Dao (I-Kuan Tao) in Thailand”, 2016 Annual Conference of Southeast Asian Studies in Taiwan, Chengchi University, Taipei, 22-23 September 2016.
1.国際会議・シンポジウム林育生 , "族群性、宗教性與二次葬:由泰國一貫道再思東南亞『華人宗教』的『華人性』",2016台灣人類學年會,國立台灣大學,2016年09月11日.
1.国際会議・シンポジウム林育生 , "Funerals of Yiguan Dao members in Thailand: reconsidering a transnational 'Chinese' religious group”, The International Union of Anthropological and Ethnological Sciences (IUAES) Inter-Congress 2016, Dubrovnik, Croatia. 4-9 May 2016.
1.国際会議・シンポジウム林育生 , "Critics and Defenders: Disputes over Yiguan Dao (I-Kuan Tao) in Buddhist Thailand", The 2016 CESNUR (Center for Studies on New Religions) Conference, Daejin University, Pocheon City, Republic of Korea (韓国・抱川市・大真大学), 2016 年 7 月 7 日.
1.国際会議・シンポジウム林育生, “Beyond the Doctrine: Practices and Network of Women Members of Yiguan Dao in Buddhist Thailand”, Workshop on Theories and Methods of International Studies: Thailand and Indochinese Counterparts Revisited: Governance, Social Network and the China Factor, National Chengchi University, Taipei, 4 September 2015.
1.国際会議・シンポジウム林育生, “Religion, Cult, or the Truth? - Yiguan Dao in Buddhist Thailand”, The 8th Conference of The European Association for Southeast Asian Studies (EuroSEAS), University of Vienna, Austria, 11-14 August 2015.
1.国際会議・シンポジウム林育生, “Religion, Cult, or the Truth? - Yiguan Dao in Buddhist Thailand”, The International Union of Anthropological and Ethnological Sciences (IUAES) Inter-Congress 2015, Thammasat University, Bangkok, 15-17 July 2015.
1.国際会議・シンポジウム林育生, “The Development of I-Kuan Tao and The Migration in Thailand: Comparing with Wat Phra Dhammakaya and Santi Asoke", The International Convention of Asia Scholars (ICAS) 9, Adelaide Convention Centre, Australia, 5-9 July 2015.
1.国際会議・シンポジウム林育生, “ 'Chinese Religion' with Non-Chinese Believers: Practices and Network of Female Believers of I-Kuan Tao in Thailand” The 12th International Conference on Thai Studies "Thailand in the World", Sydney Southeast Asia Centre, University of Sydney. 22-24 April 2014 (査読有)
1.国際会議・シンポジウム林育生, “ 'Chinese Religion' with Non-Chinese Believers: Practices and Network of Women Believers of I-Kuan Tao in Thailand” The 6th Postgraduate Student Forum "Asia in the World: New Horizons in Asian Anthropology", Department of Anthropology, The Chinese University of Hong Kong, 17-18 January 2014 (査読有)
1.国際会議・シンポジウム櫻田智恵, “The Way to Gain Popularity Among the People: the Analysis of the Roles of Former King Bhumibol and His Family in Provincial Visits”, 13th International Conference on THAI STUDIES, ChiangMai University, Thailand. July 2017.
1.国際会議・シンポジウム櫻田智恵, “The Feature of King Bhumibol’s Provinvial Visits”, A Debrief Session of Research Progress, Chulalongkhon University, Bangkok, August, 2014(査読有)
1.国際会議・シンポジウム鈴木愛, "A study on spatial overlap between carnivores and local livelihood activities in Preah Vihear Protected Forest, Northern Cambodia", 15th Student Conference on Conservation Science, University of Cambridge, 2014年3月25-27日.
2. 国内学会・シンポジウム二重作和代「観光にみる地域文化の変容と表象:インドネシア錫鉱山地域の事例」東南アジア学会, 静岡, 2019年11月23-24日.
2. 国内学会・シンポジウム泉向日葵「タイにおける2019年総選挙と民主化ー首都バンコクの事例からー」東南アジア学会 関西地区例会, 大阪, 2020年2月29日.
2. 国内学会・シンポジウム亀岡大真, 甲山治「ドローンを用いた熱帯泥炭地における土壌温度分布と地下水位の解析」, 第29回日本熱帯生態学会年次大会, 15 June 2019.
2. 国内学会・シンポジウム皆木香渚子, 水野一晴「ベトナム南部カンザー地区におけるマングローブ生態系の利用と役割」, 第29回日本熱帯生態学会年次大会, 15 June 2019.
2. 国内学会・シンポジウムWai Phyoe Maung and Shinya TAKEDA, "Structure and Management of Sha Forests, and Cutch Production in Saw Township, Myanmar", 29th Annual Meeting of the Japanese Society for Tropical Ecology, Hokkaido University, 15 June 2019.
2. 国内学会・シンポジウムWai Phyoe Maung and Shinya TAKEDA, "Sustainable Acacia catechu Forest Management through Cutch Production in Saw Township, Magway Region, Myanmar", Niigata University, 22 March 2019.
2. 国内学会・シンポジウムWai Phyoe Maung and Shinya TAKEDA, "Effects of Logging and Forest Fires on Stand Structure of Acacia catechu Forests in Saw Township, Magway Region, Myanmar", 125th Lecture meeting of Japan Society of Tropical Agriculture, Chiba University, 16 March 2019.
2. 国内学会・シンポジウムKatrina NAVALLO, "Filipino Care Workers in Japan’s Eldercare: Constructions, Meanings, and Continuities of Intimacy, Aging and Caring", 研究会「現場から見たフィリピン人介護士の養成と就労の課題―外国人労働者受け入れ増加の時代を迎えて̶」, Ryukoku University, Kyoto, 15 February 2019.
2. 国内学会・シンポジウムNoémi-Tiina Dupertuis, "Traces of Ethnic Nationalism at the Local Level: the Case of Chins in Kanpetlet", Beyond the Myth of ‘Solidarity of the National Races’ in Burma/Myanmar, Sophia University, Tokyo, 18 December 2018.
2. 国内学会・シンポジウム杉野好美「インドネシアの地域社会における伝統的薬草療法'Jamu'の役割について-ジャムウ行商婦人とその顧客の研究から-」生態人類学会, 千葉県, 2019年3月21日.
2. 国内学会・シンポジウム中野真備「インドネシア東部サマ人集落における季節風に基づく自然暦についての一考察:
バンガイ諸島4村の事例比較から」オセアニア学会, 三重県, 2020年3月18日.
2. 国内学会・シンポジウム中野真備「インドネシア・バンガイ諸島のサマ人の漁撈における天体利用」, 南山大学人類学研究所主催・中部人類学談話会共催 公開シンポジウム「天文学と人類学の融合」第3回それぞれの大地,それぞれの宇宙 , 南山大学, 2018年3月18日.
2. 国内学会・シンポジウム加反真帆, 御田成顕, 増田美砂「コーヒー栽培を通じた参加型森林管理の導入が地域社会に与えた影響:インドネシア西ジャワ州バンドゥン県の事例」, 第28回日本熱帯生態学会年次大会, 静岡大学, 2018年6月10日.
2. 国内学会・シンポジウム磯田真紀, 近藤智大, 竹田晋也, 鈴木玲治「シイタケ原木クヌギ林でのヤマチャの生育状況-宮崎県東臼杵郡椎葉村と諸塚村を例として-」日本熱帯農業学会第123回講演会, 玉川大学, 東京, 2017年3月10-11日.
2. 国内学会・シンポジウムWIN MAUNG AYE and Shinya TAKEDA, "Structures, Above-ground Biomass and Management of Primary Rhizophora forests in a Moken village, Myanmar", The 29th Annual Meeting of the Japan Society of Tropical Ecology, Hokkaido University, 15 June 2019.
2. 国内学会・シンポジウムWIN MAUNG AYE and Shinya TAKEDA, "Coexistence of Moken People and Primary Mangrove Forest in Lampi Island of Myanmar", Symposium on the Area Studies and Sustainable Development Goals (Kyoto University IPCC week 2019), 22 April 2019
2. 国内学会・シンポジウムWIN MAUNG AYE and Shinya TAKEDA, "Stand structure and Above-ground Biomass of Rhizophora forest in Lampi Marine National Park, Myanmar", Conference of Japanese Society for Tropical Agriculture, Kyoto University, 29 September 2018.
2. 国内学会・シンポジウムWIN MAUNG AYE and Shinya TAKEDA, "Abandonment of mangrove paddy fields and its consequences in a Mon village, Taninthayi Region,Myanmar", Conference of Japanese Society for Tropical Agriculture, Tamagawa University, 10 March 2018.
2. 国内学会・シンポジウムTHEL PHYU PHYU SOE, "Livelihood Transition and Diminishing Floating Gardens in an Inthas Village on Inle Lake", The Japan Society of Tropical Ecology, Hokkaido University, 15 June 2019.
2. 国内学会・シンポジウムTHEL PHYU PHYU SOE, "Effects of Local Forest Utilization on Community Forest Stand Structure and Species Composition in Nyaung Shwe Township, Shan State, Myanmar", 123rd Annual Meeting of Japanese Scoiety For Tropical Agriculture, Tamagawa University, Tokyo, Japan, 11 March 2018.
2. 国内学会・シンポジウム顧平原「近代国民国家ミャンマーと「コーカン」カテゴリーの形成:中緬国境における少数民族のエスニシティー」東南アジア学会九州地区例会, 北九州市立大学, 2018年4月14日.
2. 国内学会・シンポジウム白石華子「タイ現代史のなかの考古学」東南アジア考古学会関西例会, 奈良市, 2020年2月22日.
2. 国内学会・シンポジウム白石華子「現代タイ社会における考古学の営み-遺跡の保存の観点から-」, 考古学研究会第64回総会・研究集会, 岡山大学, 2018年4月21日.
2. 国内学会・シンポジウム白石奈津子「フィリピン農村社会における稲作経営の位置づけ-東ミンドロ州・D村を事例に-」地域農林経済学会, 高知県, 2017年12月.
2. 国内学会・シンポジウム西島薫「現代インドネシアにおける政治装置としての地方王権-西カリマンタンのダヤック王権の事例から」, 東南アジア学会九州地区例会, 九州大学, 2017年3月4日.
2. 国内学会・シンポジウム黄潔「移住とアウェプラの慣行-中国南部のトン族社会における建前と本音-」, 日本文化人類学会第53回研究大会, 東北大学, 2019年6月1-2日.
2. 国内学会・シンポジウム黄潔「セン(Senl)の民俗誌-中国南部におけるトン族(Kam)の流域社会システム論-」日本文化人類学会近畿地区懇談会2018年度修士論文・博士論文発表会, 京都大学, 2019年3月16日.
2. 国内学会・シンポジウム黄潔「もうひとつの『橋』:この世とあの世をつなぐもの―トン族の「橋架けav jiuc」習俗をめぐる霊魂観からー」日本文化人類学会第52回研究大会, 弘前大学, 2018年6月2-3日.
2. 国内学会・シンポジウム黄潔「広西・湖南の接境地域におけるトン族の款約と地域社会ー[セン]という民俗概念をめぐる一考察ー」, 東アジア人類学研究会第四回研究大会, 東京八王子市, 2017年12月26-27日.
2. 国内学会・シンポジウム黄潔「『鬼がついてること』:西南中国トン族における憑きもの信仰」, 日本文化人類学会第51回研究大会, 神戸大学, 2017年5月27-28日.
2. 国内学会・シンポジウム古橋牧子「薬草およびハーブとしてのドクダミ利用の伝承と実践」第29回日本熱帯生態学会年次大会, 北海道大学, 2019年6月15日.
2. 国内学会・シンポジウム古橋牧子, Nguyen Kim Dua, Tran Thanh Men, Dai Thi Xuan Trang, 小坂康之 「ベトナムにおけるドクダミ栽培とその利用」, 日本熱帯農業学会第123回講演会, 玉川大学, 東京, 2017年3月10-11日.
2. 国内学会・シンポジウム古橋牧子, 小坂康之「アジアにおけるドクダミの採集、栽培、利用、流通からドメスティケーションを考える」, 第27回日本熱帯生態学会年次大会, 鹿児島県奄美市, 2017年6月17日.
2. 国内学会・シンポジウム友尻大幹, 岩田明久, プラチヤー・ムシカシントーン「タイ国チャオプラヤ川下流域における住民による外来カワスズメ科魚類の利用」第27回日本熱帯生態学会年次大会, 鹿児島県奄美市, 2017年6月17日.
2. 国内学会・シンポジウム甲斐丞貴, Kayali Ahmad Yaman, Abdul Aziz Djamal, 西渕光昭「インドネシアパダン市における腸管出血性大腸菌の環境中の分布および患者の発生状況および食習慣と宗教との関係:先進国との違いに影響を及ぼす文化・社会的要因」, 第58回日本熱帯医学会大会(グローバルヘルス合同大会2017), 東京大学, 2017年11月24-26日.
2. 国内学会・シンポジウム甲斐丞貴, Kayali Ahmad Yaman, Abdul Aziz Djamal, 西渕光昭「インドネシアにおける腸管出血性大腸菌の分布と感染症の発生に関与する地域特異的要因の解明」, 第69回日本細菌学会関西支部総会・学術講演会, 大阪市立大学田中記念館, 2016年11月19日.
2. 国内学会・シンポジウム師田史子 「フィリピンにおける賭博の規制と管理の変遷」東南アジア学会第101回研究大会, 静岡, 2019月11月23日.
2. 国内学会・シンポジウム師田史子 「フィリピンにおける賭博の規制と管理の変遷」東南アジア学会9月関西地区例会, 大阪, 2019年9月28日.
2. 国内学会・シンポジウム師田史子 「『賭博=仕事』の成り立ち方」第24回フィリピン研究会全国フォーラム, 名古屋, 2019年6月23日.
2. 国内学会・シンポジウム師田史子 「ミンダナオ島の闘鶏から呪術的実践を考える」第23回フィリピン研究会全国フォーラム, 東京, 2018年7月1日.
2. 国内学会・シンポジウム師田史子 「「賭け」が織り成す意味実践―現代フィリピンにおける賭博の実践から―」日本文化人類学会第52回研究大会, 弘前大学, 2018年6月2日.
2. 国内学会・シンポジウム師田史子 「不確実性を読み替える賭博の実践―ミンダナオにおける「賭ける社会空間」の生成と持続―」第22回フィリピン研究会全国フォーラム, 京都, 2017年7月8日.
2. 国内学会・シンポジウム師田史子 「ミンダナオ島・ココヤシ栽培農村における一攫千金のプラクティス ―「山下財宝」と「ロト」への熱狂をめぐる試論―」第21回フィリピン研究会全国フォーラム, 鹿児島大学, 2016年6月25日.
2. 国内学会・シンポジウム土谷ちひろ「生活支援コーディネーター・行政・大学の協働による住民の支え合い体制構築を促進する方法の検討」, 日本地域看護学会, 岐阜, 2018年8月12日.
2. 国内学会・シンポジウム土谷ちひろ, "Socio-Environmental and Behavioral Risk Factors Associated with Obesity in the Capital, Solomon Islands; Case-Control Study", 第35回日本国際保健医療学会西日本大会, 神戸, 2017年4月3日.
2. 国内学会・シンポジウム竹口美久「タイにおける外国人労働者受容政策の陥穽」第17回日本タイ学会若手研究会, 東京大学, 2016年2月20日.
2. 国内学会・シンポジウム西尾善太 「災害対応のなかの都市変容:マニラ首都圏における社会階層の持続と変化を事例に」東南アジア学会第95回研究大会, 大阪大学, 2016年6月4-5日.
2. 国内学会・シンポジウム西尾善太, "Community is not monolithic, but entanglement: A case study of Squatter Community, Metro Manila", 国連防災会議パブリックフォーラム:地域密着型の防災管理と「地域の枠を超えた」知識, 仙台市民会館, 2015年3月14日.
2. 国内学会・シンポジウム中田依里「琵琶湖・淀川水系産ニゴイとコウライニゴイの食性比較」, 2015年度魚類学会年会, 近畿大学, 4-7 September 2015.
2. 国内学会・シンポジウム櫻田智恵「プーミポン国王夫妻の初期行幸啓と奉迎方法の確立 」, 日本タイ学会第17回研究大会, 東京学芸大学, 2015年7月.
2. 国内学会・シンポジウム水澤純人「ムスリム公共圏と学校教育-英領パンジャーブ・イスラーム擁護協会の事例から-」, 日本南アジア学会, 2015年9月27日.
2. 国内学会・シンポジウム守沖彩「サトウヤシ果実の過剰採取抑制要因の検討―タイ北部ナーン県S村の事例から―」日本熱帯農業学会第120回講演会, 鹿児島大学, 2016年10月8日.
2. 国内学会・シンポジウム佐藤若菜「中国が貴州省ミャオ族における民族衣装がつなぐ母娘関係の動態:女性のライフコースと社会経済的変化に着目して」, 日本文化人類学会近畿地区研究懇談会, 神戸大学, 2016年3月20日
2. 国内学会・シンポジウム佐藤惠子, 佐藤秀樹, 西渕光昭「スリランカにおけるデング熱感染件数の動向と人々の防蚊対策について」, グローバルヘルス合同大会2017(3学会合同), 東京都, 2017年11月25日.
2. 国内学会・シンポジウム佐藤惠子, 佐藤秀樹, 西渕光昭「スリランカにおける人々の防蚊対策とデング熱の感染状況について」第36回 びわ湖国際医療フォーラム, 滋賀県, 2018年1月27日.
2. 国内学会・シンポジウム佐藤惠子, 西渕光昭, 嘉糠洋隆, 佐藤秀樹「スリランカにおけるデング熱の現状と西部地区の取り組み」, 第57回日本熱帯医学会大会, 2016年11月6日.
2. 国内学会・シンポジウム佐藤惠子, 佐藤秀樹, 西渕光昭「スリランカにおけるデング熱の現状と課題」第33回びわ湖国際医療フォーラム, 2016年7月9日.
2. 国内学会・シンポジウム佐藤惠子「スリランカにおける蚊媒介感染症の現状・対策と今後の課題」第56回日本熱帯医学会大会, 大阪大学, 2015年12月4-6日.
2. 国内学会・シンポジウム廣瀬ケーナ「現代ベトナムにおける『市民社会』の萌芽-土地接収を巡る言論活動とその路上での顕在化における農民と『市民』の連帯」日本平和学会 関西地区研究会, 大阪大学, 2016年7月30日.
2. 国内学会・シンポジウム井上瞳, 小坂康之, 竹田晋也, Theingi Myint「ミャンマー中央乾燥地域村落における農外就業機会の多様化に伴う農林業システムの変化」, 熱帯農業学会,鹿児島,2016年10月8日.
2. 国内学会・シンポジウム井上瞳「タイ東北部における農家のユーカリ林経営の継続と撤退の要因 ―ナコンラーチャシーマー県を事例として―」熱帯生態学会, 京都, 2015年6月20日.
2. 国内学会・シンポジウムAgung Wicaksono, "Sugarcane Cultivation after the Ruin of New Order Regime", The International Society for Southeast Asian Agricultural Sciences (ISSAAS) and the Japanese Society for Tropical Agriculture (JSTA) , Tokyo, 7-9 November 2015.
2. 国内学会・シンポジウムNoémi-Tiina Dupertuis, "Trapped between Ideal and Reality: a Case Study of Rural Development in Tibet", The 25th Annual Meeting of The Japan Society of Tropical Ecology, Kyoto University, 20 June 2015(査読無).
2. 国内学会・シンポジウムSabine CHOSHEN, “Challenges and Opportunities in Cultural Heritage Preservation and Tourism Development in the Ancient Villages in Vietnam: A Case Study of Duong Lam Ancient Village”, Presentation at Kansai Reikai Conference, Kyoto University, 13 June 2015.
2. 国内学会・シンポジウム金悠進「インドネシアにおけるポピュラー音楽の「反民主化」?:都市における若者文化の開花と開発」カルチュラル・タイフーン2018第16回大会, 京都, 2018年6月23日.
2. 国内学会・シンポジウム金悠進「クリエイティヴ化するDIY-インドネシアの都市における若者文化」第14回カルチュラル・タイフーン2016(カルチュラル・スタディーズ学会),東京藝術大学上野キャンパス 2016年7月3日(査読有).
2. 国内学会・シンポジウム金悠進「インドネシアにおける改革派リーダーの台頭−『創造都市』バンドンを事例に」東南アジア学会第95回大会, 大阪大学, 2016年6月5日.
2. 国内学会・シンポジウム師田史子, "The Practice of Making a Fortune at a Stroke in a Coconuts Cultivating Village of Mindanao: A Tentative Assumption on the Enthusiasm for Yamashita Treasure and Lotto", The 11th Japan-Korea-China Joint Conference on Geography, ニューオータニイン札幌, 2016年9月12日(査読有).
2. 国内学会・シンポジウム守沖彩,竹田晋也,Vipak JINTANA,Nittaya MIANMIT「サトウヤシ果実の過剰採取抑制要因の検討―タイ北部ナーン県S村の事例から―」第120回日本熱帯農業学会,鹿児島大学農学部,2016年10月8日.
2. 国内学会・シンポジウムアレクサンダー・キーラン「キリスト教布教と民族学の形成」東南アジア学会第91回研究大会,南山大学名古屋キャンパス,2014年6月7-8日. 
2. 国内学会・シンポジウムBoon Kia Meng "Middle class Homeownership in Greater Kuala Lumpur: Preliminary Research Notes on History, Institutions & Political Economy", 東南アジア学会関西例会, 京都大学稲盛財団記念館, 2014年11月7日.
2. 国内学会・シンポジウムEi and Shinya Takeda, "Structure and Tree Species Composition at Different Stages of Monoculture Teak Plantations in the Bago Mountains, Myanmar", The 24th Annual Meeting of the Japan Society of Tropical Ecology, Utsunomiya, Japan, 15 June 2014.
2. 国内学会・シンポジウムEi and Shinya Takeda, "Taungya Teak Plantations and Local Livelihood Diversification of Taungya Participants in Bago Region, Myanmar", The 125th Annual Meeting of the Japanese Forest Society, Omiya, Japan, 29 March 2014.
2. 国内学会・シンポジウムEi and Shinya Takeda, "Local Particularity of Taungya Participants’ Livelihoods at the Teak Plantations in the Bago Mountains, Myanmar", International Workshop on Sustainable Forest Management and Indigenous Uses of Forest Resources in Myanmar, Kyoto, Japan, 2 March 2014.
2. 国内学会・シンポジウムEi and Shinya Takeda, "Preliminary Observations of Interactions among Local Livelihoods and Taungya Teak Plantations in the Bago Mountains, Myanmar", The 114th Annual Meeting of the Japan Society of Tropical Agriculture, Abashiri, Japan, 15 September 2013.
2. 国内学会・シンポジウムRosita Dewi, "The Dilemma of participatory Mapping in Merauke Integrated food and energy estate, Papua, Indonesia; Environmental Governance and Development Policy in Southeast Asia", Graduate School of Global Studies Workshop Series 2014, Sophia University, Tokyo, 10 January 2015.
2. 国内学会・シンポジウム林育生「タイにおける一貫道の組織発展と人間の流動性:タンマガーイ寺、サンティアソークとの比較」,日本タイ学会第16回研究大会,京都大学,2014年07月05日.
2. 国内学会・シンポジウムThinn Thinn, Reiji Suzuki and Shinya Takeda, "Soil salinity in cyclone-affected mangrove paddy fields in the Ayeyarwady Delta, Myanmar", the 26th Meeting of The Japan Society of Tropical Ecology, Tsukuba University, 19 June 2016,
2. 国内学会・シンポジウムThinn Thinn, Reiji Suzuki and Shinya Takeda, "Soil salinity at different heights in the cyclone-affected mangrove paddy fields in the Ayeyarwady Delta, Myanmar with special reference to Byaik", the 25th meeting of The Japan Society of Tropical Ecology, Kyoto University, 21 June 2015.
2. 国内学会・シンポジウムThinn Thinn and Shinya Takeda, "Mapping household-level land use in a mangrove forest of the Ayeyarwady Delta, Myanmar", The 126th Annual Meeting of the Japanese Forest Society, Hokkaido University, 26-28 March 2015.
2. 国内学会・シンポジウムThinn Thinn and Shinya Takeda, "Local Mangrove Forest Management in the Kadonkani Reserved Forest: A Village-level Case Study in the Ayeyarwady Delta, Myanmar", The 24th Annual Meeting of the Japan Society of Tropical Ecology, Utsunomiya, Japan, 15 June 2014.
2. 国内学会・シンポジウムThinn Thinn and Shinya Takeda, "Assessment of Mangrove Recovery in Cyclone-Affected Areas of the Ayeyarwady Delta, Myanmar", The 125th Annual Meeting of the Japanese Forest Society, Omiya, Japan, 29 March 2014.
2. 国内学会・シンポジウムThinn Thinn and Shinya Takeda, "Assessment of Mangrove Recovery in Cyclone-Affected Areas in the Ayeyarwady Delta, Myanmar", International Workshop on Sustainable Forest Management and Indigenous Uses of Forest Resources in Myanmar, ASAFAS, Kyoto University, 1-2 March 2014.
2. 国内学会・シンポジウムThinn Thinn and Shinya Takeda, "Mangrove Vegetation and Land Use of Cyclone-Affected Areas in the Ayeyarwady Delta, Myanmar", The 114th Annual Meeting of the Japan Society of Tropical Agriculture, Abashiri, Japan, 15 September 2013.
2. 国内学会・シンポジウム岡江恭史「バックコック村総合調査からみたベトナムの農村金融問題」,東南アジア学会第92回研究大会,立教大学,2014年12月21日発表(査読有).
2. 国内学会・シンポジウム岡江恭史「『自治村落』とベトナムの農民組織」,日本村落研究学会第61回大会,越前市生涯学習センター,2013年11月2日発表(査読有).
2. 国内学会・シンポジウム岡田アレキサンダー夏樹「ミャンマー・イラワジデルタのマングローブ村落における生業と社会経済変容:ピャポン県オウッポ・クウィンジャウン村における事例研究」日本熱帯農業学会第117回講演会, 筑波大学, 2015年3月14日.
2. 国内学会・シンポジウム梶田諒介「1500年-1938年のインドネシアの地震の地震動の記録 ―オランダ植民地時代史料に記述された地震動のロッシ・フォレル震度階による整理―」, 日本自然災害学会, 静岡防災センター, 2016年9月20日(査読有).
2. 国内学会・シンポジウム梶田諒介「1500年-1940年のインドネシアの地震」第33回日本自然災害学会, 鹿児島大学, 2014年9月24-25日(査読無).
2. 国内学会・シンポジウム梶田諒介「1500年-1940年のインドネシアの地震」東南アジア学会関西例会, 京都大学, 2014年5月31日(査読無).
2. 国内学会・シンポジウム佐久間香子「19世紀後半ボルネオにおける河川交易と後背地社会の関係―内陸部の交易拠点村落からの考察」, 東南アジア学会関西例会, 京都大学, 2014年5月31日(査読無).
2. 国内学会・シンポジウム山中潤「インドネシア中央カリマンタン州カプアス川流域で実施されたKFCPから見えてきたREDD+の実践的課題」, 第 25回日本熱帯生態学会年次大会, 京都大学, 2015年6月20日(査読無).
2. 国内学会・シンポジウム山中潤「インドネシア中央カリマンタン州カプアス川流域で実施されたKFCPから見えてきたREDD+の実践的課題」, 第 126回日本森林学会大会, 北海道大学, 2015年3月(査読無).
2. 国内学会・シンポジウム山中潤「インドネシア中央カリマンタン州カプアス川流域で実施されたKFCPから見えてきたREDD+の実践的課題」, 第 24回日本熱帯生態学会年次大会, 宇都宮大学, 2014年6月14日(査読無).
2. 国内学会・シンポジウム小西鉄「インドネシア財閥バクリグループによる債務処理戦略:政治権力の私的利用と英国上場石炭企業ブミ社の創設」, 東南アジア学会第91回研究大会, 自由研究発表, 南山大学, 2014年6月7日(査読有)
2. 国内学会・シンポジウム小西鉄「インドネシア財閥バクリグループによる債務処理戦略:政治権力の私的利用と英国上場石炭企業ブミ社の創設」, 東南アジア学会関西例会, 京都大学, 2014年4月19日(査読有).
2. 国内学会・シンポジウム小田なら「ベトナム南北分断期(1954~75年)南北ベトナムにおける伝統医学の制度化」, 第115回日本医史学会総会・学術大会, 九州国立博物館, 2014年6月1日(査読有).
2. 国内学会・シンポジウム松岡佐知「多元的医療下にある南インド・ケーララ州における「伝統医」の役割と住民の治療選択行動」生態人類学会, 静岡, 2014年3月17日(査読無).
2. 国内学会・シンポジウム水野久仁香「周辺化された都市移住者の居住権利の現状─インドネシア、河川敷への不法占拠の事例から」東南アジア学会関西例会・第2回東南アジア都市政治研究会(東南アジア研究所共同利用・共同研究『東南アジアの首都における「開発の政治」と「支持調達の政治」』), 京都大学, 2014年11月7日(査読なし)
2. 国内学会・シンポジウム飯田玲子「『マハール』を名乗る現代的意味に関する考察」第27回 日本南アジア学会, 大東文化大学, 2014年9月27日(査読有).
2. 国内学会・シンポジウム飯田玲子「信仰か消費か−西インドにおける新中間層の文化受容をめぐって」第24回 宗教と社会学会, 天理大学, 2014年6月21日(査読有).
2. 国内学会・シンポジウム北澤直宏「「慈善」が含むもの-ベトナムの新宗教による慈善事業の変遷から-」,宗教と社会学会,東京大学,2015年6月.
2. 国内学会・シンポジウム北澤直宏「南ベトナム第二共和政における政教関係-新宗教カオダイ教を通して-」東南アジア学会・中部例会,南山大学,2014年3月27-28日(査読無)
2. 国内学会・シンポジウム林育生「タイにおける一貫道の組織発展と人間の流動性:タンマガーイ寺、サンティアソークとの比較」日本タイ学会第16回研究大会,京都大学,2014年07月05日(査読無)
2. 国内学会・シンポジウム和田理寛「仏教の制度化とモン派僧団の変遷 ―近代化以降のタイとミャンマー―」東南アジア学会関西例会, 京都大学, 2014年12月13日(査読無).
2. 国内学会・シンポジウム廣瀬崇幹「インドネシア半乾燥地域における生存戦略: 東ヌサ・テンガラ州サブ・ライジュア県の社会と環境」, 第82回東南アジア自然と農業研究会, 京都大学, 2016年12月(査読無).
2. 国内学会・シンポジウム廣瀬崇幹「東インドネシアの乾燥地域における食料生産」, 第26回日本熱帯生態学会年次大会, 筑波大学, 2016年6月18-19日(査読無).
2. 国内学会・シンポジウム廣瀬崇幹「東インドネシアにおけるヤシ花序液の発酵飲料」, 第82回民族自然誌研究会「アジアの発酵文化の広がり」』, 京都大学, 2016年4月(査読無).
2. 国内学会・シンポジウム廣瀬崇幹「インドネシア東部ライジュア島におけるパルミラヤシの利用方法」第24回日本熱帯生態学会年次大会, 宇都宮大学, 2014年 6月14日(査読無).
2. 国内学会・シンポジウム廣瀬崇幹「インドネシア東部のパルミラヤシに依存する社会における乾季の生存戦略―生業・栄養・社会の分析から―」生態人類学会, 静岡, 2014年3月17日(査読無).
2. 国内学会・シンポジウムBoon Kia Meng, "Presentation Title: Middle Class Homeownership in Greater Kuala Lumpur – Preliminary Research Notes on History, Institutions & Political Economy", Southeast Asia Urban Politics Seminar, CSEAS, Kyoto University, 7 November 2014.
2. 国内学会・シンポジウムNoémi-Tiina Dupertuis, "Promoting agriculture to improve nutrition in Tibetan nomadic communities", The 24th Annual Meeting of The Japan Society of Tropical Ecology, Utsunomiya University, 14 June 2014(査読無).
3. 研究会・講演会・その他生駒忠大「フィリピンでの2年間の協力隊活動について」JICAボランティア帰国報告会, 甲府市, 2019年10月26日.
3. 研究会・講演会・その他Asuna Yoshizawa, "Negotiating Bangsamoro Identity: Focusing on the Definition of Bangsamoro people in MNLF/MILF Ideology, Republic Acts and Peace Agreements from 1970s to 2018", Workshop on Peace-building in the Southern Philippines, Nagoya, 30 July 2019.
3. 研究会・講演会・その他中野真備, "Indigenous Fishing Knowledge of Sama People in Central Sulawesi: Focusing on Technologies of Space and Time Use", Joint Seminar on Multi-Inter-Trans disciplinary in Environmental Science and Sustainable Development, 京都大学, 2019年2月26日.
3. 研究会・講演会・その他中野真備「インドネシア・バンガイ諸島における地震への適応について」京都大学IPCCウィークシンポジウム「地域研究と持続可能な開発目標(SDGs)」, 京都大学, 2019年5月8日.
3. 研究会・講演会・その他中野真備「中部スラウェシ・サマ人の漁撈知–時空間利用の技術に着目して-」, 第1回インドネシア研究懇話会, 京都大学, 2018年12月16日.
3. 研究会・講演会・その他中野真備「国境なき海域ネットワークと漁撈知に基づく『漂海民』バジャウの移動に関する研究」, 第24回旅の文化研究フォーラム, 東京, 2018年4月9日.
3. 研究会・講演会・その他中野真備, "Fishing Knowledge of Sama People in Central Sulawesi: Focusing on Technologies of Space and Time Use", Workshop on People, Culture, and Nature in Indonesia, Kyoto University, 2018年1月19日.
3. 研究会・講演会・その他青木亮隆 ・甲山治 ・神崎護「インドネシアのスンガイトホール村におけるサゴヤシ栽培林の生育環境」, 日本熱帯農業学会第 124 回講演会, 京都大学, 2018年9月29日.
3. 研究会・講演会・その他杉野好美「インドネシア語(初級)講座」NHK文化センター松山教室, 松山市, 2019年3月30日.
3. 研究会・講演会・その他杉野好美「インドネシアハーブ教室」NHK文化センター松山教室, 松山市, 2019年3月30日.
3. 研究会・講演会・その他小林美月, Nyein Chan, 竹田晋也, "ミャンマー・バゴー山地におけるダム建設にともなう水没村落住民の林野利用の変容と世帯戦略", 第28回日本熱帯生態学会年次大会, 静岡大学, 2018年6月9日.
3. 研究会・講演会・その他WIN MAUNG AYE and Shinya TAKEDA, "Abandonment of mangrove paddy fields and their impacts on local livelihoods: the view from a Mon village, Taninthayi Region, Myanmar", Workshop on comtenporary agrarian-transformation across Southeast Asia, CSEAS, Kyoto University, 10 July 2018.
3. 研究会・講演会・その他WIN MAUNG AYE and Shinya TAKEDA, "Abandonment of mangrove paddy fields and its consequences in a Mon village, Taninthayi Region,Myanmar", International workshop on Sustaining Small Scale Livelihoods of Rural Communities in Southeast Asia by IPIROT program, Kyoto University, 11 February 2018.
3. 研究会・講演会・その他Shir Nicolle Shapira, "Japanese Railway ODA in Southeast Asia", 同志社大学人文研第6研究 第11回研究会, 同志社大学, 2018年3月9日.
3. 研究会・講演会・その他古橋牧子「ベトナムの食文化」高志高等学校SSH「KoA-S・Ⅰ」連携授業, 福井市, 2019年12月6日.
3. 研究会・講演会・その他古橋牧子「ドクダミの薬草としての伝統と実践」京都大学IPCCウィークシンポジウム「地域研究と持続可能な開発目標(SDGs)」, 京都大学, 2019年5月8日.
3. 研究会・講演会・その他古橋牧子「現代における栽培植物の成立過程-ベトナムのドクダミ栽培とその利用に着目して-」, 民博共同研究会「もうひとつのドメスティケーション」, 国立民族学博物館, 2018年10月27日.
3. 研究会・講演会・その他白石華子, "A Study of Archaeological Activities in Thailand: From the Perspective of Site-Conservation", Young Scholars International Workshop on Transdisciplinary Approaches to Asian and African Area Studies 2018, Kyoto, 2018年1月15日.
3. 研究会・講演会・その他磯田真紀, "Growth of wild tea with Quercus acutissima in the central Kyushu Mountains", International Workshop on Development of Forest and Agriculture based Local Livelihood in South East Asia, Kyoto University, 11 February 2018.
3. 研究会・講演会・その他亀岡大真, "Local Land-use Practice on Peatland Fire Management in Tanjung Leban, Riau province, Indonesia", International workshop on Forest and Agricultural Based Local Livelihoods of Southeast Asian Countries, Kyoto University, 2018年1月.
3. 研究会・講演会・その他白石奈津子「共存/共生の技法-フィリピン・ミンドロ島、落穂拾いの実践からの考察-」日本文化人類学会若手セミナー, 東京, 2017年10月.
3. 研究会・講演会・その他白石奈津子「フィリピンにおけるコメ生産と流通の課題」北京大学学友会講演, 京都, 2017年8月.
3. 研究会・講演会・その他白石奈津子「落穂はなぜ拾えるのか―資源利用と規範の対象をめぐるせめぎあいの実践-」関西ルーラル研究会, 京都, 2017年7月.
3. 研究会・講演会・その他白石奈津子「不確実なものを受け入れるということ」, 第12回松下幸之助国際スカラシップフォーラム, 東京大学, 2016年10月.
3. 研究会・講演会・その他小松祥平, "Fish diversity and utilization be local people around paddy fieldenvironment in Cambodia", GSS Symposium 2017 Lessons Learned and Future Endeavors, Kyoto University, 6 October 2017.
3. 研究会・講演会・その他Sai Akira, "Report of the Joint Research in Solomon Islands:Study on Health, Ecology, and Society", Inter-Graduate School Program for Sustainable Development and Survivable Societies, The 22nd GSS Research Activities Presentation Meeting, Kyoto University, 23 January 2018.
3. 研究会・講演会・その他Sai Akira, "Sociocultural Impact on Body Image Perceptions among College Students in Malaysia", The 7th International Advisers’ Conference-Inter-Graduate School Program for Sustainable Development and Survivable Societies, Kyoto University, 6 October 2017.
3. 研究会・講演会・その他ノブル・ヴァレンタン, "One-Village One-Product Policy Transfer in Thailand", Young Scholars International Workshop on Transdisciplinary Approaches to Asian and African Area Studies, Kyoto University, 16 January 2017.
3. 研究会・講演会・その他Sabine CHOSHEN, "Revival of the vernacular customs in light of heritage preservation in PhuocTich ancient village in Vietnam", Young Scholars International Workshop, Kyoto University, 16 January 2017.
3. 研究会・講演会・その他CHANTHAVONG Somvixay, "Regionalizing Mobility -Labor Mobility in Greater Mekong Sub-region", The 41st Southeast Asia Seminar 2017, 6 November 2017.
3. 研究会・講演会・その他Bondan Widyatmoko, "Transactional Implemantation of Indonesian Sustainable Palm Oil in Riau Province: case Study of Sari Makmur Village", Young Scholars International Workshop on Transdiciplinary to Asian and African Areas Studies 2018, Kyoto University, 15 January 2018.
3. 研究会・講演会・その他Agung Wicaksono, "Questioning the Bulging of Indonesia's Rural Middle Class", Young Scholars International Workshop on Transdiciplinary Approaches to Asian and African Studies, ASAFAS, Kyoto University, 15 January 2018.
3. 研究会・講演会・その他Huang Jie, "農村公路が橋渡しとなった人の移動―中国広西トン族の川沿い地域における人の動きとその変化に着目して", 東北大学東北アジア研究センター共同研究「移動と流行―移民が持ち込んだもの/持ち込んだもの」2018年度第1回研究会, 東北大学, 2018年6月24日.
3. 研究会・講演会・その他Huang Jie, "Senl and Basin Society: Traditional Local System of Tai Group in Southern China", International Workshop
Connecting China and Southeast Asia: Changing Landscape of Education, Capital and Cultural Mobility, Kyoto University, 2018年12月2日.
3. 研究会・講演会・その他黄潔「村鎮之間:桂北都柳江流域両个花炮節伝承的比較研究」, 第二届“現代中国的人口流動与社会変遷”国際学術工作坊“移動之慣習:人口流動及其地域性” 南方科技大学社会科学中心, 2019年2月16-17日.
3. 研究会・講演会・その他黄潔「西南中国トン族の「プラ」と「トゥアンシャイ」にみる血縁と地縁の関係」仙人の会(例会)法政大学, 2017年5月21日.
3. 研究会・講演会・その他黄潔「政策移動に関する村落の風水伝説と実践-近現代中国におけるトン族の事例から」第23回旅の文化研究フォーラム, 東京, 2017年4月9日.
3. 研究会・講演会・その他Kim Yujin, "Rise and Decline of Music Scene in Bandung: Politics of Creativity and Cultural Practices", Forum Kajian Wilayah, P2SDR-LIPI, Jakarta, 26 June 2019.
3. 研究会・講演会・その他Kim Yujin, "Musik dan Kota: Perbandingan Bandung dan Jakarta", PostFest Talk: Cultural Collage: The Dialogue of Urban Arts Spirit, Jakarta, 1 July 2018.
3. 研究会・講演会・その他Kim Yujin, "Creative Youth Culture and Urban Political Transformation in Indonesia: A Case of Bandung", Forum Diskusi P2SDR-LIPI #3, Jakarta, 4 October 2017.
3. 研究会・講演会・その他金悠進「インドネシアにおける音楽シーンの地殻変動:越境・超越・創造性への実践と政治」日本ポピュラー音楽学会2019年度 第3回 関西地区例会 修士論文・博士論文構想発表会, 大阪, 2019年7月13日.
3. 研究会・講演会・その他金悠進「インドネシア音楽の都市性:ジャンル支配の変容と脱却からみるバンドンの興亡」インドネシア研究懇話会設立記念大会第1回研究大会, 京都, 2018年12月1日.
3. 研究会・講演会・その他金悠進「インドネシア 都市における新しい若者文化の創造」、第4回「東南アジアの新風景」研究会, 大阪大学, 2016年4月2日.
3. 研究会・講演会・その他櫻田智恵「『開かれた皇室』へ:象徴天皇と家族の肖像」, Japanese Studies Center, ChiangMai University, チェンマイ, 2015年3月.
3. 研究会・講演会・その他櫻田智恵「タイ国王と一家の足跡と役割」,AFS 14期生バンコク同窓会 研究集会, バンコク, 2015年2月.
3. 研究会・講演会・その他櫻田智恵「王を「みる」ということ:「まじわりの場」を研究する」,『まじわりの場で声をつむげ』 第11回松下幸之助国際スカラシップフォーラム, 東京大学, 2015年10月.
3. 研究会・講演会・その他西尾善太「都市における境界管理と空間生成:マニラ首都圏のセキュリティガードの役割に着目して」第21回フィリピン研究会, 鹿児島大学, 2016年6月25-26日.
3. 研究会・講演会・その他西尾善太「災害における戦術と戦略:マニラ首都圏の事例を中心に」, フィリピン研究会, 静岡県立大学, 2015年7月4日.
3. 研究会・講演会・その他西尾善太「生まれ変わる都市 生まれる再定住地 —マニラ首都圏の防災政策と都市の再編を事例に」, 東南アジア都市政治研究会, 京都大学, 2015年5月1日.
3. 研究会・講演会・その他山岸伸夫「『養育』としての奉仕―現代インドの聖なる給食をめぐる新たな公共性の創出」, 現代インド・南アジアセミナー, 龍谷大学, 2015年9月17日.
3. 研究会・講演会・その他山岸伸夫「神と街を食べ歩く―インド都市部における宗教巡行と公共空間の変容」, 日本南アジア研究集会, 京北町, 2015年7月26日.
3. 研究会・講演会・その他顧平原「近代国民国家ミャンマーと『コーカン』カテゴリーの形成―中緬国境における少数民族のエスニシティ―」第20回東アジア勉強会, June 27 2015.
(Presentation title: )
3. 研究会・講演会・その他WORRAKITTIMALEE Thawatchai, “Formation, Change and Continuity of Local Political Networks in Northeastern Thailand after the 2004 local elections: Case Studies of Ubon Ratchathani, Udon Thani and Khon Kaen Provinces”, タイ学会若手研究会, Tokyo University, Tokyo, Japan, 24 October 2015.
3. 研究会・講演会・その他師田史子「ミンダナオ島・ココヤシ栽培農村における一攫千金のプラクティス ―『山下財宝』と『ロト』への熱狂をめぐる試論―」第21回フィリピン研究会全国フォーラム,鹿児島大学,2016年6月25日.
3. 研究会・講演会・その他大村雪香「子守(ヤヤ)と子供(アラガ)の関係性と階層社会―マニラ首都圏の富裕層・中間層の家庭を事例に―」第21回フィリピン研究会全国フォーラム,鹿児島大学,2016年6月26日.
3. 研究会・講演会・その他下條尚志「メコンデルタの政治的重要性と統治の難しさ―ソクチャン省を事例に」第59回ベトナムに関する勉強会(東京外国語大学本郷サテライト), 2014年7月(査読無).
3. 研究会・講演会・その他下條尚志「ベトナム戦争時代における統治と生存をめぐる地域社会-政治権力間関係―メコンデルタ・ソクチャン省フータン社を事例に」日本ベトナム研究者会議(東京大学), 2014年5月 (査読無).
3. 研究会・講演会・その他岡江恭史「ベトナムの開発戦略と農村の現状ー中国との比較を通してー」,中国経済研究会,京都大学,2013年5月21日発表(査読無).
3. 研究会・講演会・その他茅根由佳「民主化後のインドネシアにおける憲法裁判所の役割-石油ガス法を事例に-」東南アジア研究所共同研究第3回研究会, 京都大学, 2014年11月28日(査読無).
3. 研究会・講演会・その他佐井旭, "Dietary pattern and exercise frequency in adult population in higher education in Kota Kinabalu, Sabah, Malaysia", Inter-Graduate School Program for Sustainable Development and Survivable Societies, Kyoto University – 4th GSS International Advisors’ Conference, Kyoto University, 27-29 October 2014(査読無)
3. 研究会・講演会・その他西尾善太「防災は誰を何から守るのか」フィリピン研究会口頭発表, 広島, 2014年6月29日(査読無).
3. 研究会・講演会・その他飯田玲子「正統性の生成:インド・マハーラーシュトラ州におけるタマーシャーのなかで演じられる演目およびパフォーマンスの変容を事例として」現代インド地域研究(INDAS):現代インド・南アジアセミナー, 東京外国語大学, 2013年9月23日(査読有).
3. 研究会・講演会・その他水澤純人「南アジアにおけるムスリム市民社会の形成-英領パンジャーブ・イスラーム擁護協
会を事例にして-」, 中東☆イスラーム研究セミナー, 東京外国語大学, 2015年12月19日.
3. 研究会・講演会・その他水澤純人「英領インド・パンジャーブにおけるムスリム市民社会の形成-イスラーム擁護協会
の事例から-」, 現代インド・南アジアセミナー, 2015年9月18日.
3. 研究会・講演会・その他水澤純人「映画紹介:パキスタン映画「声をあげる」(原題: Bol)」, インド映画研究会, 京
都大学, 2014年9月19日.
ページトップ