フィールドワーク活動

竹安裕美 (京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科大学院生)

調査期間2008年8月3日~2009年5月30日(ただしビザは1年間のものを取得)
国/地域インドネシア、南スラウェシ州ジェネポント県
テーママカッサル人村落社会における貧困層の生存維持経済に関する研究
特徴調査地が南スラウェシ州のみであったため、KITAS手続きをマカッサル入国管理局で行なったことと、一時帰国(ERP)手続きを行なった点。
報告
フィールドステーションフィールド便り
    メルマガ写真館
      調査の手続き・調査許可
      ページトップ